@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草地【そうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草地
そうち
おもに家畜放牧,または飼料類の採取に利用される土地。草地は生態学上の草原のうち,おもに畜産に利用されているところをいうが,利用上の区分として放牧 (草) 地と採草地に分けられる。草地は以前は牧野 (ぼくや) と呼ばれることが多かった。なお行政上の区分としては,農地法では,農地以外の土地で,主として耕作または養畜の事業のための採草または家畜の放牧の目的に供されるものを採草放牧地としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くさ‐ち【草地】
草が一面に生えている土地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐ち〔サウ‐〕【草地】
草の生えている所。くさち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうち【草地 grassland】
主として養畜のための採草または放牧のために供される耕地以外の土地で,採草放牧地ともいう。緑肥生産に利用されることもある。
[草地の種類]
 草地は植生と利用法によって次のように区分される。植生を基準にした場合,植生がシバススキ,ササ類などの野草からなる草地を野草地,オーチャードグラスラジノクローバーなどの牧草からなる草地を牧草地に区分し,後者はさらに,寒地原産のオーチャードグラスなどを植生とする寒地型牧草地と暖地原産のバヒアグラスなどを植生とする暖地型牧草地とに細区分される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くさち【草地】
草の生えている土地。そうち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうち【草地】
草が生えている土地。くさち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くさ‐ち【草地】
〘名〙 草の生えている土地。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「雑木林の間を通り抜けたところに、草地がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐ち サウ‥【草地】
〘名〙 草(くさ)だけ生えている所。草原。くさち。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation