@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草垣群島【くさがきぐんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草垣群島
くさがきぐんとう
鹿児島県南西部,薩摩半島西端,野間岬から南西 90km,東シナ海海上にある群島南さつま市に属する。上ノ島,中ノ島,下ノ島などがあるが,いずれも安山岩からなる火山島で無人。下ノ島ではかつてリン鉱を採掘していた。合計面積約 0.7km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

草垣群島
鹿児島県南さつま市、薩摩半島南端の枕崎から西南西へ約90kmに位置する島嶼群。東から順に上ノ島、中ノ島、下ノ島の3島と、その周辺の無数の小島からなる。上ノ島には草垣島灯台が設置されている。カツオドリオオミズナギドリの繁殖地としても知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くさがきぐんとう【草垣群島】
鹿児島県薩摩半島西端の野間岬の南西約90kmの東シナ海上,北緯30゜50′,東経129゜26′付近にある島群。草垣島,草垣諸島ともいい,川辺郡笠沙(かささ)町に属する。上ノ島,中ノ島,下ノ島の3主島と約17の小島や岩礁からなり,総面積は1km2に満たない。上ノ島の頂上部(131m)には1932年に設置された灯台があり,41年には無線方位信号所が併設され,他に気象観測も行われるようになった。この灯台の建設難工事で有名で,45年には米軍機の空襲で破壊されたが,50年に再建された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

草垣群島
くさがきぐんとう

草垣島ともよぶ。鹿児島県薩摩(さつま)半島の南西端、野間(のま)岬の南西洋上約90キロメートル、北緯30度50分、東経129度26分の東シナ海に位置する。南さつま市に属す。上ノ島、中ノ島、下ノ島の3島のほか、小島岩礁群よりなる。主島の上ノ島は最高点131メートル、周囲4キロメートルで面積0.05平方キロメートル。第三紀の安山岩からなり断崖(だんがい)に囲まれる。島内で、縄文~古墳時代の土器片や耳飾りなどが発見されている。

[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草垣群島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草垣群島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation