@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草堂【ソウドウ】

デジタル大辞泉

そう‐どう〔サウダウ〕【草堂】
草ぶきの家。草庵(そうあん)。また、自分の家をへりくだっていう語。草屋。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐どう サウダウ【草堂】
〘名〙
① 草ぶきの家。わらや。草屋。転じて、自分の家の謙譲語。
※峨眉鴉臭集(1415頃)祭巽順中文「花晨月夕、尋詩盟於草堂
※中華若木詩抄(1520頃)下「雨はふる、草堂は小し、秋になれども、葺くこともなければ、荒て正体もない体ぞ」 〔杜甫‐狂夫詩〕
② 草庵。いおり。また、寺。
※続日本紀‐霊亀二年(716)五月庚寅「今聞。諸国寺家。多不法。或草堂始闢。争求額題。〈略〉或房舎不脩。馬牛羣聚。門庭荒廃」
※今昔(1120頃か)一七「賤(あやし)の草堂を其の所に起てて、此の多の仏菩薩の像を安置し奉りつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation