@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草壁皇子【くさかべのおうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草壁皇子
くさかべのおうじ
[生]天智1(662)
[没]持統3(689).4.13. 大和,飛鳥
天武天皇皇子。母は持統天皇。一名日並知 (ひなめしの) 皇子。壬申の乱のときは,11歳で天武天皇に従い吉野を出て東方に向った。天武 10 (681) 年皇太子となったが,天武天皇の第3子大津皇子謀反があったりしたため,天武天皇の死後皇后 (持統天皇) は称制の方法をとり,皇子を即位させなかった。皇子は称制の続くうちに死去した。この死をいたんだ柿本人麻呂日並知皇子殯宮歌が『万葉集』に収められている。持統天皇の次の文武天皇は皇子の第2子で,文武天皇の死後は皇子の妃阿閇 (あべ) 皇女元明天皇として立ち,さらに皇子の第1女が元正天皇として即位している。天平宝字2 (758) 年岡宮御宇天皇 (おかのみやにあめのしたしろしめししすめらみこと) と尊されたが,明治に制定の歴代天皇には入れられていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くさかべ‐の‐おうじ〔‐ワウジ〕【草壁皇子】
[662~689]天武天皇の皇子。母は持統天皇文武(もんむ)元正両天皇の父。壬申(じんしん)の乱には天武帝とともに戦い、皇太子に立てられたが、即位せずに死去。日並知皇子(ひなめしのみこ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

草壁皇子 くさかべのおうじ
662-689 飛鳥(あすか)時代,天武(てんむ)天皇の第1皇子。母は持統天皇
天智(てんじ)天皇元年生まれ。壬申(じんしん)の乱の際,吉野を脱した天武天皇にしたがい東国にゆく。天武天皇10年皇太子。天皇没後は皇后が政務をとり,皇太子のまま持統天皇3年4月13日死去。28歳。「万葉集」には柿本人麻呂らがつくった挽歌が27首おさめられている。別名は日並知(ひなみしの)皇子。⇒岡宮天皇(おかのみやてんのう)
【格言など】大名児(おほなこ)を彼方(をちかた)野辺に刈る草(かや)の束の間もわれ忘れめや(「万葉集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くさかべのみこ【草壁皇子】
662‐689(天智1‐持統3)
天武天皇の皇子で,母は持統天皇。文武・元正天皇,吉備(きび)内親王の父で,后は元明天皇。672年の壬申(じんしん)の乱のときには,天武天皇に従って吉野より東国へ向かい,679年(天武8)5月には天皇の吉野行幸に従った。このとき草壁大津高市(たけち)・忍壁(おさかべ)・芝基(しき)らの異母兄弟,および河嶋皇子(天智天皇の皇子)とともに,天皇・皇后の前で団結を誓ったが,誓いの筆頭に立てられたことからみて,当時すでに後継者の地位を固めていたらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

くさかべ‐の‐おうじ ‥ワウジ【草壁皇子】
天武天皇の皇子。母は持統天皇。妃は阿閇(あべ)皇女(元明天皇)。文武・元正両天皇の父。壬申(じんしん)の乱に従い、天武天皇一〇年(六八一)皇太子となったが、病死。天平宝字二年(七五八)岡宮御宇天皇(おかのみやにあめのしたしろしめししすめらみこと)と追尊される。日並知皇子尊(ひなめしのみこのみこと)。天智天皇元~持統天皇三年(六六二‐六八九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

草壁皇子
くさかべのおうじ
662〜689
天武天皇の皇子
日並知 (ひなめし) 皇子ともいう。母は持統天皇。文武・元正両天皇の父。681年皇太子となったが病弱で,686年天武天皇の没後,持統天皇は謀反の疑いで大津皇子を失脚させて皇子の即位を待ったが,689年28歳で病死

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草壁皇子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草壁皇子の関連情報

関連キーワード

マイケル・チャン政治資金監査制度と登録政治資金監査人愛知県の人口睿宗SKF[会社]国連分担金庄内[町]多度[町]日本製鋼室蘭争議

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation