@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草書【そうしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草書
そうしょ
漢字の書体一種篆書隷書を簡略化し,くずしたもの。初め草稿 (下書き) から発達し,漢代には書体の一つとして認められていた。初めは1字ずつ離して書く独草体だったが,次第に連綿体へと移行していった。書道では,王羲之をはじめとする晋代の名家たちによって芸術として完成されたといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐しょ〔サウ‐〕【草書】
書体の一。古くは、篆隷(てんれい)を簡略にしたもの。後代には、行書(ぎょうしょ)をさらに崩して点画を略し、曲線を多くしたもの。そう。そうがき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐がき〔サウ‐〕【草書(き)】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうしょ【草書】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

草書
そうしょ

漢字の書体の一種。もっとも簡略化の進んだ書体。楷書(かいしょ)が崩れて行書となり、行書がさらに崩れて草書ができたと考えられがちであるが、事実は異なり、後漢(ごかん)の紀元後100年に完成した許慎(きょしん)著『説文解字(せつもんかいじ)』の序文に「漢興(おこ)って草書あり」と記されているように、前漢時代(前202~後9)に正式書体である隷書(れいしょ)と併行して、草書が日常早書きの書体として使用されていた。これは文献上だけでなく、西域(せいいき)地方から発掘された竹簡や木簡の遺品でも実証されている。また、草書のなかには明らかに篆書(てんしょ)からつくられたと考えられるものもある。草書の形や筆勢にくふうが加えられ、洗練されて芸術的な美しい姿に発展したのは、晋(しん)代から南北朝時代にかけてのことであった。唐代には「狂草(きょうそう)」という奔放な草書を書いた張旭(ちょうきょく)や懐素(かいそ)が現れ、明(みん)代末期には王鐸(おうたく)や傅山(ふざん)などが多数の草書を続け書きする「連綿草(れんめんそう)」をよくした。

[筒井茂徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐がき サウ‥【草書】
〘名〙 =そうしょ(草書)
※舞姫(1906)〈与謝野晶子〉「召されては宿直(とのゐ)やつれの手もたゆく草書(サウガキ)したり暮れゆく春を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐しょ サウ‥【草書】
〘名〙 (近世は「そうじょ」とも)
① 書体の一つ。篆隷(てんれい)を簡略にしたもの。楷・行・草と三段階あるうちでもっとも崩したもの。後漢時代からおこった。そうがき。そう。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「搨晉右将軍王羲之草書巻第一」
※太平記(14C後)三七「羲之が草書の偈」 〔書断‐草書〕
② 手紙。文書。
※上井覚兼日記‐天正二年(1574)一二月二七日「如常出仕申候、従泉歳暮之御祝言、村上出羽守にて御申候、并草書参候、御老中へも別而草書被遣候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

草書
そうしょ
漢字の書体の1つ
秦末期に隷書 (れいしよ) を簡単にして作られた文字で,行書 (ぎようしよ) をさらにくずし,点画を略した字体である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation