@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草木図説【ソウモクズセツ】

デジタル大辞泉

そうもくずせつ〔サウモクヅセツ〕【草木図説】
江戸後期の植物図鑑。30巻。飯沼慾斎著。草部20巻は安政3~文久2年(1856~1862)刊。木部10巻は未刊。日本の植物リンネ分類による24綱目に分けて図解したもの。のちに牧野富太郎らが増訂版を刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうもくずせつ【草木図説】
飯沼慾斎による植物図鑑。草類1250種,木類600種の植物学的に正確な解説と写生図から成る。草部20巻,木部10巻。草部は1852年(嘉永5)ごろ成稿,56年(安政3)から62年(文久2)にかけて出版された。本書は日本最初のC.vonリンネの24綱分類による植物図鑑である。本草を脱却した西欧の植物分類によるところに意義がある。江戸時代の西欧植物学受容の成果をここに見ることができる。参考にした蘭書は,ホッタインMartin Houttuynの博物誌を中心に,ドドネウスRembert Dodonaeus,オスカンプDieterich Leonhard Oscamp,キニホフJohann Hieronymus Kniphof,ワインマンJohann Wilhelm Weinmannの植物学書5種である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

草木図説
そうもくずせつ

日本最初のリンネ分類による植物図鑑。飯沼慾斎(いいぬまよくさい)の執筆。草部20巻、木部10巻。草部は1856年(安政3)から1862年(文久2)にかけて刊行された。明治に入り、田中芳男(よしお)・小野職(もとよし)増訂の第二版(1875)、牧野富太郎による増訂第三版(1907)が出版され、未刊の木部は北村四郎編注で1977年(昭和52)に刊行された。本書作成には、ホッタインMartin Houttuyn(1720―1798)、ドドネウスRembert Dodoneus(1517―1585)、オスカンプDieterich Leonhard Oscamp、キニホフJohann Hieronymus Kniphoff(1704―1763)、ワインマンJohann Wilhelm Weinmannの植物学書が利用された。ヨーロッパ植物学の受容と紹介に伊藤圭介(けいすけ)、宇田川榕菴(ようあん)たちが努力してきたが、本書の出現でヨーロッパ植物分類学が日本に定着することができた。

[矢部一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうもくずせつ サウモクヅセツ【草木図説】
江戸後期の植物図説。三〇巻。飯沼慾斎著。草部二〇巻だけ安政三~文久二年(一八五六‐六二)に刊行。木部一〇巻は未刊だったが、北村四郎編注により昭和五二年(一九七七)に刊行された。日本の植物をリンネの分類法により二四綱目に分け、図示・解説したもの。牧野富太郎が明治四〇~大正二年(一九〇七‐一三)に「増訂草木図説」を刊行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草木図説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草木図説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation