@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草木灰【ソウモクバイ】

デジタル大辞泉

そうもく‐ばい〔サウモクばひ〕【草木灰】
草や木を焼いてできるカリウム燐酸(りんさん)を多く含み、肥料にする。そうもくかい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

草木灰
そうもくばい

藁(わら)や落ち葉、枯れ草などを焼いてつくった灰で、古くから肥料として使用されてきた代表的自給肥料である。最近では化学肥料の使用や藁類の不足からその施用量はきわめてわずかであるが、機械化が進んだ水田などでは藁が焼却処理され灰となって農地に還元されている。カリ(カリウム)、石灰の炭酸塩、リン酸塩、ケイ酸塩が主成分であるが、成分組成は材料によって大きく異なる。標準的にはリン酸3~4%、カリ4~9%を含む。速効性であるが強いアルカリ反応を呈するので、種子の発芽や幼植物の生育を害さないように、あらかじめ播種(はしゅ)前に施用しておくのがよい。なお、2011年(平成23)3月の東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所の事故により藁や落ち葉等が放射性セシウムにより汚染されたため、東北、関東甲信越、静岡県の計17都県の落ち葉などを原料とする肥料については施用が自粛された。暫定許容値として草木灰1キログラム当り400ベクレルが2011年8月に新たに設けられた。

[小山雄生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうもく‐ばい サウモクばひ【草木灰】
〘名〙 植物体を焼いて得た灰。カリ・燐酸などに富み、特に藁(わら)や野草などの灰は肥料に用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草木灰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草木灰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation