@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

草根集【そうこんしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

草根集
そうこんしゅう
室町時代の正徹 (しょうてつ) の私家集。 15巻。約1万 1000首。門人正広 (しょうこう) 編。文明5 (1473) 年一条兼良 (かねら) 執筆のがある。歌風は観念的,幻想的で難解だが,この時代の和歌で最も注目すべきものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうこんしゅう〔サウコンシフ〕【草根集】
室町中期の私家集。15巻。正徹の歌を弟子の正広が編集したもの。文明5年(1473)の一条兼良の序がある。収録歌数1万一千余首。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうこんしゅう【草根集】
室町時代の正徹の家集。正徹自身の手で,ある程度まとめられ,没後それをもとに弟子の正広が編纂したと推定される15巻本(日次(ひなみ)系,1万1236首,1473年(文明5)の一条兼良の序文を付す)と,さらにそれを編みなおした類題系のものとがある。五山禅僧風の漢詩趣味,正徹の尊重した定家風と,歌風は多様だが清新。正徹後半生の歌日記とも言うべき膨大な歌集で,ために抄出本で読まれた場合もあるようである。【赤瀬 信吾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

そうこんしゅう サウコンシフ【草根集】
室町時代の私家集。一五巻。正徹の歌を門人の正広が編纂。一条兼良の文明五年(一四七三)の序が巻頭にある。巻一は定数歌、巻四~六は四季雑題歌を収めるが、それ以外の巻二~一四は正徹の晩年三一年間の歌を年代順に配列。この間七年分の欠脱があり、原形はもっと大部なものであったらしい。巻一五は草根集残葉と題し、増補拾遺の部分。総歌数一万一千余首の長大なもので、資料的価値も大きい。本書よりの後世の抄出や類題なども多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草根集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

草根集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation