@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荊釵記【けいさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荊釵記
けいさき
Jing-chai-ji
中国,元末明初の戯曲。寧献王朱権の作。南宋の詩人王十朋逸話色したもので,故郷に残した妻のため,丞相の娘との結婚を断って流された十朋と,悪人に迫られ自殺をはかって救われた妻とが,のちめぐり合って再び結ばれるという物語。『琵琶記』に続く南曲初期の傑作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荊釵記
けいさき

中国、明(みん)初の長編戯曲。48齣(せき)(場)。作者不詳。王国維は明の寧献王(ねいけんおう)の作というが確かではない。宋(そう)の王十朋(おうじっぽう)と銭玉蓮(せんぎょくれん)は婚約し、家の貧しい十朋の母は荊釵(かんざし)を玉蓮に与える。十朋は科挙に首席で及第、丞相(じょうしょう)に見込まれ婿になれと強要されるがそれを断ったため、遠地に赴任させられる。玉蓮に横恋慕する孫汝権(そんじょけん)は、十朋の手紙に手を加え、丞相の婿になったと銭家に伝え、玉蓮との結婚を迫る。玉蓮の継母は金持ちの孫が気に入り孫に加担したため、玉蓮は川に身投げするが救われて5年後に十朋と再会、荊釵が証拠となり結ばれる。筋の運びに優れ、台詞(せりふ)、歌詞が飾らず自然なことから近年まで盛んに上演されてきた。『六十種曲』に収録されているが、明代の人の手が加えられている。

[平松圭子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荊釵記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荊釵記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation