@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒くれ【アラクレ】

デジタル大辞泉

あら‐くれ【荒くれ】
気性や振る舞いが荒々しいこと。また、その人。「荒くれ男」
[補説]書名別項。→あらくれ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらくれ[書名]
徳田秋声長編小説。大正4年(1915)発表。勝気なお島が、本能の赴くままに生きようとから男へと渡り歩き傷ついていく流転半生を、写実的に描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あらくれ【荒くれ】
性質や動作が荒々しいこと。乱暴なこと。また、その人。 -男

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐くれ【荒くれ】
〘名〙
[1] (形動) (動詞「あらくれる」の連用形の名詞化) 気質や動作の荒々しいこと。乱暴なこと。また、そのさまやその人。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉坑夫「仲間といふはあらくれの、人形(ひとがた)したる獣なり」
[2] (あらくれ) 小説。徳田秋声作。大正四年(一九一五)「読売新聞」に発表。結婚を強要され、養家を飛び出したお島を主人公に、本能のままに行動する女の流転を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒くれ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒くれの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation