@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒川【あらかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒川
あらかわ
新潟県北部,村上市西部の旧町域。荒川河口左岸に位置する。1954年保内村と金屋村が合体して町制。2008年村上市,山北町,神林村,朝日村の 4市町村と合体して村上市となった。大部分は中世前期からの古い開発地で,荒河保と呼ばれた。荒の沖積地を利用した米作が中心で,早場米の産地。畜産も盛ん。付近の砂丘ではクロッカスチューリップなどの球根花卉が栽培される。中心集落の坂町は,1936年米坂線が開通してから,羽越本線との分岐点として交通上の要地となり急速に発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川
あらかわ
埼玉県南西部,秩父盆地の南西端にある秩父市中部の旧村域。 1943年中川村,白川村の2村が合体し荒川村が成立。 2005年秩父市,吉田町,大滝村と合体して秩父市となった。大部分は秩父山地で,かつては林業養蚕が盛んであったが,主産業は観光に移行している。北部を東流する荒川流域に平坦地がある。若御子断層洞,サクラで有名な清雲寺,日野温泉,柴原温泉,白久温泉といった温泉地やキャンプ場がある。三峰口秩父鉄道終点で,奥秩父への玄関口となっている。東部武甲県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川
あらかわ
秩父山地甲武信ヶ岳 (2475m) にを発し,埼玉県を貫流して東京湾に注ぐ川。全長 173km。南千住の鐘ケ淵から下流隅田川という。水源地帯から秩父盆地までは山間部に渓谷をつくり,寄居から関東平野を流れる。江戸時代初期までは熊谷付近から元荒川筋を流れ,利根川合流。寛永6 (1629) 年伊奈半十郎忠治が入間川に合流させ,以後はほぼ現在の流路。その後もたびたび洪水があり,1930年に荒川放水路を完成。戸田市から下流では工場が立並び,水質汚濁が問題となった。上流では水力発電が行われ,上流に二瀬ダム (秩父湖) ,中流に玉淀ダム (玉淀湖) があり,水量を調節している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川
あらかわ
新潟県,山形県境の大朝日岳(→朝日岳)に発し,山形県の小国盆地,新潟県関川村の小盆地を経て西流し,胎内市で日本海に注ぐ川。全長 73km。1967年の羽越水害流域は大災害を受けたが,復旧事業も完了し整備された。流域には,荒川峡と,鷹ノ巣温泉湯沢温泉高瀬温泉雲母温泉(きらおんせん)などからなる荒川峡温泉郷(えちごせきかわ温泉郷),往時豪農の典型的民家で国指定重要文化財の渡辺家住宅がある。流域の一部は磐梯朝日国立公園に属する。なお新潟県南西部の高田平野を北流する旧称荒川は,1969年に関川と改称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川
あらかわ
山梨県北部を流れる笛吹川支流。全長 37km。秩父山地の国師ヶ金峰 (きんぷ) 山に源を発して南流。甲府盆地に出て中央部を縦断し,笛吹川に合流する。上・中流部は断層に沿い,花崗岩の巨岩や渓谷などが多い。野猿谷,板敷渓谷,御岳昇仙峡 (みたけしょうせんきょう) などは特に景勝の地で,秩父多摩甲斐国立公園の一部。甲府市の上水道源,周辺農村の灌漑用水として利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あら‐かわ【荒川】[地名]
関東平野を流れる川。秩父(ちちぶ)山地の甲武信(こぶし)岳に源を発し、埼玉県川越市辺りで入間(いるま)川と合流、東京都北区岩淵で荒川放水路隅田川に分かれて東京湾に注ぐ。長さ173キロ。
山形県の朝日岳に源を発し、小国盆地、新潟県北部を流れ、日本海に注ぐ川。長さ73キロ。
東京都の区名。隅田川西岸にあり、水運を利用した工業地帯として発展。人口20.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらかわ【荒川】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

荒川
正式社名「荒川株式会社」。英文社名「ARAKAWA CO., LTD.」。卸売業。明治19年(1886)「荒川益次郎商店」創業。昭和6年(1931)株式会社化。同19年(1944)現在の社名に変更。本社は京都市下京区室町通綾小路角。衣料品製造・卸会社。和装品・洋装品の企画・販売を行う。主な自社ブランドは「さんび」「Amour」。全国百貨店・専門店で販売。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらかわ【荒川】
埼玉県西部の甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)(2483m)に源を発し,東京湾に注ぐ大河川。幹川流路延長約169km,全流域面積2940km2。荒川は上流で中津川を合わせた後,数段の河岸段丘が発達する秩父盆地に入り,皆野町赤平川を合流する。皆野より寄居までは結晶片岩に掘り込まれた狭い谷底を流れ,長瀞の景勝地をつくる。寄居から熊谷までが荒川の中流で,そこに寄居町を扇頂とする荒川扇状地を展開し,扇状地上には幾条もの古い流路跡が見いだされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あらかわ【荒川】
新潟県北西部の川。山形県南西部の朝日山地大朝日岳に発し,小国盆地を経て新潟県境付近で飯豊山地からの玉川を合わせて西流し,県で荒川峡谷をつくり,関川盆地で大石川,鍬江沢川,女川を合わせ岩船郡荒川町塩谷浜で日本海に注ぐ。幹川流路延長72.5km,全流域面積1151.4km2。この谷は米沢街道(国道113号線)として利用され,1936年国鉄(現在JR)米坂線が全通した。67年の羽越水害で流域は大災害を受けたが,復旧工事で堤防,道路,水田は整備され,大石川に治水発電の多目的ダムが建設された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あらかわ【荒川】
新潟県南西部の川。焼山に源を発し北流して上越市の直江津で日本海に注ぐ高田平野最大の川。幹川流路延長60.7km,全流域面積1143.4km2。おもな支流は東岸に野尻湖から流出する池尻川,飯田川,保倉川,西岸に矢代川,青田川がある。上江,中江,下江,稲荷中江はこの川から取水し高田平野の穀倉地域形成の中核をなす。この谷を国道18号線,信越本線が通じる。高田市街地の稲田橋より上流を関川といい,上流の笹ヶ峰ダムは灌漑の安定に役だっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらかわ【荒川】
関東山地の甲武信こぶし岳に源を発し、埼玉県中央部を流れて東京湾に注ぐ川。長さ174キロメートル。下流は北区岩淵で隅田川・荒川放水路(荒川本流)となる。
新潟県北部を西流して日本海に注ぐ川。山形県との境にある朝日岳に源を発する。長さ70キロメートル。上流に荒川峡がある。
東京都北東部、二三区の一。工場・商店・住宅が混在する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらかわ【荒川】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

荒川
(山梨県甲府市)
ふるさとの水辺百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐かわ ‥かは【荒川】
[一] 埼玉県・東京都を貫流する川。関東山地の主峰甲武信ケ岳(こぶしがだけ)を源とし、秩父盆地を通って、長瀞(ながとろ)の峡谷美をつくり、川越付近で入間川を合わせて東京湾に注ぐ。旧下流を隅田川と呼ぶ。全長一六九キロメートル。
[二] 山形県西部から新潟県北部を流れる川。朝日山地に源を発し、小国盆地を貫流して峡谷美をつくり、日本海に注ぐ。全長八〇キロメートル。
[三] 東京都二三区の一つ。昭和七年(一九三二)南千住、三河島、尾久(おぐ)、日暮里(にっぽり)が合併して区制。荒川の水運を利用して、明治時代以降工業地帯となる。小塚原刑場跡、回向院(えこういん)などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation