@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒木古童【アラキコドウ】

デジタル大辞泉

あらき‐こどう【荒木古童】
[1823~1908]尺八演奏家。2世。近江の生まれ。豊田古童久松風陽師事普化宗廃止後の尺八界の混乱期に活躍した。琴古(きんこ)流中興の。現在まで5世を数える。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらきこどう【荒木古童】
琴古流尺八家の芸名。初世は豊田古童。2世は,は継がず名のみ継いで荒木姓に変わり,以後代々実子が襲名して現在5世に至る。2世が最も有名。(1)初世(?‐1851(嘉永4)) 旗本の出身。本名豊田勝五郎。一閑流(化政期~明治期の琴古流の支流)の山田如童高弟。(2)2世(1823‐1908∥文政6‐明治41) 近江の水口藩士荒木亀三郎の三男。本名は半三郎。幼年から尺八を好み,14歳で一閑流の横田五柳に師事し,主に外曲を学ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒木古童
あらきこどう

琴古(きんこ)流尺八家の芸名。現在まで5世を数える。初世古童(?―1851)は本名豊田勝五郎で、2世以降荒木古童となる。2世(1823―1908)は本名荒木半三郎、水口藩士荒木亀三郎の三男。幼少より尺八を好み、14歳で横田五柳に入門、外曲(がいきょく)を学ぶ。その後、虚無僧(こむそう)修行中に初世古童と巡り会い、門弟となって、師の没後2世を継ぐ。さらに久松風陽(ふうよう)に本曲(ほんきょく)を学び、梅旭(ばいきょく)と号した。明治初めの普化宗(ふけしゅう)廃止(1871)にあたり、尺八復興に努力、琴古流中興の祖とよばれる。尺八の指孔位置や歌口(うたぐち)を改良して、三曲尺八(外曲)の普及に努めた。1896年(明治29)長男真之助に3世古童(1879―1935)の名を譲り、竹翁(ちくおう)と改める。以後実子継承で、4世(1902―1943)、5世(1938― )に至る。

[月溪恒子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらき‐こどう【荒木古童】
琴古流尺八の名家の芸名。二世。旧近江水口(みなくち)藩士。豊田古童、久松風陽に学ぶ。琴古流再興の祖といわれる。文政六~明治四一年(一八二三‐一九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木古童」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒木古童の関連情報

関連キーワード

ベートーベンミツケーウィチウェーラーサルスエララグビー(フットボール)国木田独歩ちんちんクーパー荘厳ミサ曲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation