@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒木田守武【あらきだ もりたけ】

美術人名辞典

荒木田守武
戦国時代の連歌俳諧作者・伊勢内宮の神官。連歌を宗祇・宗朝に学ぶ。和歌・連歌に習熟し、俳諧興隆の基礎を築いた。天文18年(1549)歿、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あらきだ‐もりたけ【荒木田守武】
[1473~1549]室町後期の連歌・俳諧師。伊勢内宮の神官。宗祇(そうぎ)猪苗代兼載(いなわしろけんさい)に連歌を学び、連歌から俳諧を独立させる基を作った。「俳諧独吟百韻」「守武千句」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

荒木田守武 あらきだ-もりたけ
1473-1549 戦国時代の神職,連歌師。
文明5年生まれ。母は荒木田氏経の娘。荒木田守晨(もりとき)の弟。天文(てんぶん)10年伊勢内宮一禰宜(いちのねぎ)(長官)となる。連歌を宗祇(そうぎ),宗長,猪苗代(いなわしろ)兼載にまなぶ。9年「俳諧之連歌独吟千句(守武千句)」をよみ,山崎宗鑑とともに連歌から俳諧が独立する基礎をきずいた。天文18年8月8日死去。77歳。本姓は薗田。歌集に「世中百首」など。
【格言など】春の夜の朧月夜(おぼろづくよ)と世中の博打(ばくち)うたぬにしくものはなし(「世中百首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あらきだもりたけ【荒木田守武】
1473‐1549(文明5‐天文18)
室町後期の伊勢内宮神官。連歌,俳諧作者。内宮三禰宜荒木田(薗田)守秀の子。母は藤波氏経の女。15歳で禰宜となる。69歳のとき一禰宜長官に昇る。連歌をよくして《新撰菟玖波(つくば)集》に兄守晨とともに入集。宗長,宗碩らと交友。俳諧に独自の境地をひらき山崎宗鑑とともに始祖とされる。《守武千句》をはじめ《俳諧独吟百韻》《秋津洲千句》や,世人を教戒するために詠んだ《世中百首》(《伊勢論語》と通称)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらきだもりたけ【荒木田守武】
1473~1549 室町後期の連歌師・俳諧師。伊勢内宮の神職。山崎宗鑑とともに、俳諧の連歌からの独立に影響を与えた。著「守武千句」「世中百首(伊勢論語)」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒木田守武
あらきだもりたけ
[生]文明5(1473).伊勢
[没]天文18(1549).8.8. 伊勢
室町時代後期の連歌作者,俳人。伊勢内宮の神官を世襲する荒木田七家の一家,薗田氏経の子。 69歳で一禰宜 (ねぎ) 。薗田長官と呼ばれた。宇治山田は京都の文学者と交渉が密で,文学の盛んな地であったが彼はその中心作者。宗祇,宗長らに連歌を学び,『新撰菟玖波集 (つくばしゅう) 』に入集,『宗長追善千句』『秋津洲千句』などがある。「俳諧之連歌」に心を寄せ,享禄3 (1530) 年『俳諧独吟百韻』,天文9 (40) 年独吟の『守武千句』 (『飛梅千句』) をつくり,山崎宗鑑と並んで俳諧のと呼ばれた。和歌も『法楽和歌千首』 (46) などをつくったが,特に『世中百首』 (25) は世人を教諭する教訓歌で『伊勢論語』とも呼ばれ有名。若年の頃書いた『守武随筆』は小冊子ながら笑話を集めた注目すべきもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらきだ‐もりたけ【荒木田守武】
室町後期の人。伊勢内宮の一禰宜長官。連歌を宗祇、宗長、兼載らに学び、のちに山崎宗鑑とともに連歌から俳諧を独立させる機運を作る。著「俳諧独吟百韻」「俳諧連歌独吟千句(守武千句)」「世の中百首」など。文明五~天文一八年(一四七三‐一五四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

荒木田守武
あらきだもりたけ
1473〜1549
室町末期の連歌・俳諧師
伊勢内宮の神官。連歌を俗化して俳諧なるものを提唱した。山崎宗鑑とともに俳諧の始祖。『俳諧之連歌独吟千句』(『飛梅千句』または『守武千句』ともいう)を著して作法を示し,俳諧に座興的性格から脱して文芸性をつけようとした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒木田守武
あらきだもりたけ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木田守武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒木田守武の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation