@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒木貞夫【あらき さだお】

美術人名辞典

荒木貞夫
陸軍大将・男爵犬養毅斎藤実内閣陸軍大臣を務め、陸軍部内の皇道派の指導的存在となる。近衛文麿・平沼騏一郎内閣では文部大臣に任じられ国家思想を吹した。昭和41年(1966)歿、88才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あらき‐さだお〔‐さだを〕【荒木貞夫】
[1877~1966]軍人。陸軍大将。東京の生まれ。精神主義的反共論で皇道派となる。二・二六事件に同調し、事件後予備役(よびえき)陸相文相歴任第二次大戦後、A級戦犯として終身刑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

荒木貞夫 あらき-さだお
1877-1966 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治10年5月26日生まれ。憲兵司令官,陸軍大学校校長などをへて,昭和6年犬養(いぬかい),7年斎藤内閣の陸相となる。陸軍部内の皇道派の中心として統制派と対立。8年陸軍大将。第1次近衛,平沼内閣の文相となり,教育の軍国主義化をすすめた。戦後A級戦犯として終身禁固の判決をうけ,のち釈放。昭和41年11月2日死去。89歳。東京出身。陸軍大学校卒。
【格言など】七年の雨雲消えて天津日のひかげたださす大和国原(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

荒木貞夫
1877〜1966(明治10年〜昭和41年)【陸軍大将】二次大戦では文相として軍国教育を徹底。 「日本のヒトラー」とも呼ばれた。大正・昭和期の軍人。陸軍大将。男爵。東京都出身。陸軍士官学校(九期)・陸軍大学校卒。参謀本部第一部長・教育総監部本部長などを歴任し、1931年(昭和6)犬養内閣、ついで斎藤内閣の陸相となる。真崎甚三郎とともに皇道派の中心人物。二・二六事件では関係者に同情的態度をとったため、予備役に編入された。第一次近衛内閣・平沼内閣では文相に就任。第二次大戦後A級戦犯として終身刑となるが、病気で仮釈放された。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらきさだお【荒木貞夫】
1877‐1966(明治10‐昭和41)
陸軍軍人,政治家。東京生れ。陸軍士官学校(9期)卒業。日露戦争に従軍し,1907年陸軍大学校卒業後,参謀本部員としてロシアに駐在シベリア出兵にはハルビン特務機関長として参加した。27年中将,教育総監部本部長になり,十月事件ではクーデタ内閣の首相に予定された。犬養毅内閣の陸相に就任,観念的・精神主義的な革新論と反ソ反共論を饒舌に説いて,一般の人気を集めるとともに,皇道派首領として勢威をふるう。斎藤実内閣に留任,大将に進んだが,5相会議などで成果をあげえず辞任

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒木貞夫
あらきさだお
[生]1877.5.26. 東京
[没]1966.11.2. 奈良,十津川
陸軍大将,政治家。陸軍士官学校,陸軍大学校を卒業。シベリア出兵では参謀として活躍。憲兵司令官,陸大校長を経て,1931年犬養毅内閣および斎藤実内閣で陸軍大臣となり,満州事変の処理,十月事件の処分などにあたった。 35年男爵。 38年第1次近衛文麿内閣の文部大臣となり平沼騏一郎内閣に留任。満州事変前後から青年将校の革新運動に関係し,統制派と対立。熊本師団長時代に盛んに皇道を論じ,国軍を皇軍と称して天皇帰一の軍隊であることを強調したことから皇道派と称され,精神主義的軍国主義の鼓吹者であった。 48年A級戦犯として終身刑に処せられたが,55年仮釈放された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒木貞夫
あらきさだお
(1877―1966)

陸軍軍人。東京生まれ。陸軍士官学校9期。陸軍大学校を首席で卒業。参謀本部ロシア班、ロシア公使館付武官補佐官、さらに第一次世界大戦中はロシア従軍武官を務めるなど、陸軍内のロシア通として知られた。シベリア出兵ではウラジオストク派遣軍参謀として反革命軍を援助した。憲兵司令官、陸大校長、第六師団長、教育総監本部長などを歴任。精神主義的、反共主義的言動が右翼や青年将校に支持され、十月事件では首相候補に擬せられた。1931年(昭和6)犬養毅(いぬかいつよし)内閣の陸相、翌1932年五・一五事件後の斎藤実(さいとうまこと)内閣にも留任。この間、皇道派の雄として派閥人事を断行し、統制派との対立を深めた。政府に対しては軍部の圧力を背景に国内体制のファッショ化と対ソ連戦準備を推進した。1933年に陸軍大将、1934年軍事参議官となり、1935年男爵。1936年の二・二六事件では決起将校に同調し、事件後予備役となる。第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣、平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣の文相として大学自治改革を主張し教育の軍国化に努めた。敗戦後、極東裁判でA級戦犯として終身刑を宣告されたが、1954年(昭和29)病気療養のため仮出所、その後釈放され講演活動などで余生を送った。

[小田部雄次]

『橘川学著『秘録陸軍裏面史――将軍荒木の七十年』(1954・大和書房)』『橘川学著『嵐と闘ふ哲将荒木』(1955・荒木貞夫将軍伝記編纂刊行会)』『有竹修二著『荒木貞夫風雪三十年』(1975・芙蓉書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらき‐さだお【荒木貞夫】
陸軍軍人、政治家。東京出身。犬養内閣、斎藤内閣の陸相。皇道派の中心人物。また第一次近衛内閣、平沼内閣では文相に就任、徹底した軍国主義教育を推進した。明治一〇~昭和四一年(一八七七‐一九六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

荒木貞夫
あらきさだお
1877〜1966
昭和期の軍人・政治家
陸軍大将。東京の生まれ。皇道派青年将校の指導者。満州事変に際して強硬政策を進め,二・二六事件の責任を負って予備役に編入されたが,第1次近衛文麿内閣の文相となり,軍国主義の教育を強化した。第二次世界大戦後,東京裁判でA級戦犯として終身刑になったがのち仮釈放された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木貞夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒木貞夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation