@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒節【アラブシ】

デジタル大辞泉

あら‐ぶし【荒節】
《「あらふし」とも》カツオの本節亀節を煮たあと、いぶして寝かせるという作業を繰り返したもの。煮熟(しゃじゅく)によってたんぱく質を凝固させ、煙でいぶすことで雑菌の侵入を防ぐ。黒くタールで覆われた表面を削り落としてから、削り節にしたり、(かび)付けした鰹節の材料として用いる。→鰹節[補説]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あら‐よ【荒節】
祓(はらえ)の式の節折(よおり)で、天皇身長を測るの一。⇔和節(にこよ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

荒節
 かつお節を製造する過程で,魚体を何回にも分けて火で乾燥させる焙焼とよばれる工程を終わった段階のものをいう.燃やした木材のタールが表面についている状態.荒節は表面を削って裸節とし,カビ付けをする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらぶし【荒節】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あら‐よ【荒節】
〘名〙 祓(はら)えの式、節折(よおり)の儀などの時、天皇の身長をはかる竹の一つ。⇔和節(にこよ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation