@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒船山【あらふねやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒船山
あらふねやま
群馬県長野県にある火山標高 1423m。群馬県側から見ると平らな山頂部とそれを取り巻く壮大な絶壁が,荒海を行くのようで,山名由来とされる。山頂の平坦部は,玄武岩溶岩台地浸食から免れた地域である。基盤新第三紀層で,その上に更新世凝灰岩輝石安山岩が載る。妙義荒船佐久高原国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あらふね‐やま【荒船山】
群馬県南西部、長野県との境にある火山。標高1423メートル。山頂は溶台地で、荒船山神社がある。あらふねさん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらふねやま【荒船山】
群馬県南西部,長野県との県境にある山で,船の形に似た特異な山形高崎線車窓からも望める。台状で平たんな山稜は東西幅0.3km,南北の長さ1.5kmあり,比高200mのに囲まれ,その北半は艫(とも)岩と呼ばれる。標高はほぼ1340m,最高点は南端の京塚山(1423m)である。付近には兜岩山(1368m),熊倉峰(1234m),立岩(1266m),毛無岩(1281m)が突起するが,いずれも荒船山と同じ玄武岩質安山岩と下層の溶結凝灰岩からなり,基盤の第三紀中新統の上に載っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒船山
あらふねやま

群馬県南西部、長野県境に接する火山。標高1423メートル。第三紀層の上に、安山岩や凝灰岩があり、山頂は南北約1400メートル、東西約400メートルの平坦(へいたん)な玄武岩の溶岩台地で、台地の北端は約170メートルの絶壁になっている。この台地上に荒船山神社がある。形がひときわ目だち、荒海を行く船の形にみえるのでこの名がついたという。長野県では砥石(といし)に例えて砥山(とやま)という。妙義(みょうぎ)荒船佐久高原国定公園に属し、高崎から上信電鉄下仁田(しもにた)駅下車、バスと徒歩による好適のハイキングコース。北方に神津(こうづ)牧場がある。

[村木定雄]

『佐川栄次郎著『荒船火山地質調査報文』(1898・震災予防調査会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

荒船山
(群馬県甘楽郡下仁田町南牧村・長野県佐久市)
ぐんま百名山指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらふね‐やま【荒船山】
群馬・長野県境にある楯状火山。一四二三メートル。長野県佐久地方では砥山(とやま)という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒船山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒船山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation