@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荒荷【アラニ】

デジタル大辞泉

あら‐に【荒荷】
木材・石材・石炭鉄材など、資材として用いる重量のある貨物
江戸時代の海運貨物のうち、油・砂糖など重要とされた9種の貨物以外の雑貨類。畳表・(ぬか)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐に【荒荷】
〘名〙
① 木材、石材、竹材、石炭、鉄材、砂などの重量素材。
② 江戸時代の海運貨物のうち、上等品の「九店物(くたなもの)」に対して、陶磁器、畳表、縄、糠(ぬか)などの雑貨類をいう。荒物。
※四井屋久兵衛廻船記録(1827)口上之覚「新酒番船之儀者、〈略〉自然荷不足之節者、荒荷積受可申事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation