@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荘王【ソウオウ】

デジタル大辞泉

そう‐おう〔サウワウ〕【荘王】
[?~前591]中国、春秋時代楚(そ)の王。在位、前614~前591。春秋五覇の一人。名は侶。前597年、の景公を破って覇者となった。王の使者(かなえ)の軽重を問うた逸話は有名。→鼎の軽重を問う

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうおう【荘王】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうおう【荘王】
?~前591 中国、春秋戦国時代の楚の王。名は侶りよ。北上して晋しんを破り、春秋五覇の一人とされる。 → かなえの軽重を問う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荘王
そうおう
(?―前591)
中国、春秋時代の(そ)の王(在位前613~前591)。湖北を勢力圏とする楚は、前7世紀ごろから中原(ちゅうげん)に進出し始めた。山東の斉(せい)や山西の晋(しん)によって、楚の中原進出は阻まれる。荘王は県による地方掌握を進展させ、中原を圧迫し、後世覇者と称された。前606年、荘王は洛陽(らくよう)の近くで武威を誇示した。その際、周王室の鼎(かなえ)の軽重を問うたという。楚を評価する者はこれを快挙ととらえ、批判する者は皮肉を述べる。『左伝』に紹介されたこの説話では、鼎は王の徳を議論すべきものであるとし、まだ周の徳は衰えていないとする。軽重を問うたのはお門違いだという評価を示している。前597年、鄭(てい)の救援に出動した晋を大破した(ひつ)の戦いも、荘王の名を高めている。荘王は、一度県にした陳を回復したり、食糧に窮した宋(そう)の囲みを解くなどしており、『史記』ではこれを道徳的に評価しているが、一面、文化伝統が異なる中原の地は、掌握することが困難であったことを示している。[平勢隆郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐おう サウワウ【荘王】
中国、春秋時代の楚の王(在位前六一四‐前五九一)。春秋の五覇の一人。紀元前五九七年、晉の景公の軍を破って中原の覇者となった。周の使者に鼎(かなえ)の軽重を問うた逸話や「三年鳴かず飛ばず」の故事は有名。(?━前五九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

荘王
そうおう
?〜前591
中国,春秋時代の楚の王(在位前613〜前591)
父祖の北進政策を受け継いで中原諸侯国を支配下に置いた。前597年,晋を破り,春秋の五覇のひとりとして勢威を誇った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荘王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荘王の関連情報

関連キーワード

南山新城碑マウリキウス荘王[楚]不妊症と治療多摩動物公園神聖戦役シャトルンジャヤ山名寄[市]吉士金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation