@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荷葉【カヨウ】

デジタル大辞泉

か‐よう〔‐エフ〕【荷葉】
ハスの葉。
夏に用いる薫物(たきもの)の名。ハスのにおいに似せたものという。
「ただ―を一種(ひとくさ)合はせ給へり」〈梅枝
荷葉皴(かようしゅん)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かよう【荷葉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かよう【荷葉】
ハスの葉。
練り香の名。六種むくさの薫物たきものの一。ハスの花の香に似せたものという。夏の薫物。 ただ-を一種ひとくさあはせ給へり/源氏 梅枝
「荷葉皴かようしゆん」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

荷葉 (ハス・カヨウ)
学名:Nelumbo nucifera
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐よう ‥エフ【荷葉】
〘名〙
① はすの葉。はちすば。
※万葉(8C後)一六・三八三七・左注「於是饌食盛之皆用荷葉
※正法眼蔵(1231‐53)行持「松実を食し、荷葉を衣とす」 〔高適‐漁父歌〕
② 薫物(たきもの)の名。六種(むくさ)の薫物の一つ。蓮の花の香に似せたもの。沈香、丁字香、甲香、藿香(かっこう)、白檀香、甘松香、熟鬱金香を練り合わせたものというが、別の説もある。夏、用いる。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「ただ荷葉を一くさ合はせ給へり。さまかはり、しめやかなるかして、あはれになつかし」
③ 「かようしゅん(荷葉皴)」の略。〔芥子園画伝‐一・画学浅説入〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荷葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation