@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

荻江節【おぎえぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荻江節
おぎえぶし
三味線音楽の一流派。古曲の一つ。明和 (1764~72) の初め頃,長唄方として知られていた1世荻江露友が舞台を退き,お座敷本位の歌い方を考案した。節を細かく,さらに唄をカットして短くするなど,その歌い方は世に荻江風,あるいは荻江流の唄として知られ,のちもっぱら吉原男芸者の間に伝わっていた。幕末の頃,玉屋山三郎荻江里八 (のちの3世清元斎兵衛) が地歌風を取入れ,長唄とは歌い方も三味線の手も一変させた。明治になって,初めて荻江節という名称で呼ばれるようになった。大正から昭和前半にかけて女流名手が多く出,洗練されたものに仕上げた。古典の伝承曲は 23曲。近年,新作も試みられている。代表曲は『深川八景』『』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おぎえ‐ぶし〔をぎえ‐〕【×荻江節】
三味線歌曲の一。明和5年(1768)以降、荻江露友が始めた郭(くるわ)内の座敷芸風の長唄が独自の音楽様式を確立して成立。現在は古曲の一つに数えられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おぎえぶし【荻江節】
三味線音楽の一種目。初世荻江露友(ろゆう)は長唄のうたい手だったが,1768年(明和5)に引退,吉原の遊郭で座敷歌風な長唄を創始(《水仙丹前》《百夜車(ももよぐるま)》など),荻江節の開祖となった。また〈めりやす〉の影響が強い作品(《稲舟(いなぶね)》《小町》《喜撰》など)もある。幕末に今日の荻江節の基礎を作った荻江里八(3世清元斎兵衛)が出て,地歌の曲《鐘の岬》《八島(やしま)》《山姥(やまんば)》などを取り入れ,また新曲《深川八景》《松》《竹》《梅》などを加えて,長唄からの独自性を強め〈荻江節〉を完成させた(それまでは〈荻江風長唄〉とか〈荻江流長唄〉といわれた)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おぎえぶし【荻江節】
宝暦・明和(1751~1772)頃、荻江露友(?~1787)が始めた座敷芸風の唄。長唄から派生したもので、地歌の曲調をも取り入れ、伴奏には囃子はやしを用いず三味線だけを用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荻江節
おぎえぶし
三味線音楽の種目。もとは長唄(ながうた)の一流派であったが初世の出現により荻江節として確立した。現在は荻江節、河東(かとう)節、一中(いっちゅう)節、宮薗(みやぞの)節を総括して古曲とよばれている。1766~68年(明和3~5)に江戸・市村座で長唄の立唄(たてうた)として富士田吉治(ふじたきちじ)と拮抗(きっこう)して名をはせたといわれる荻江露友(ろゆう)(?―1787)を始祖とする。美声だが小音であったため、あるいは富士田吉治の台頭があったため劇場への出勤をやめたが、その独得の芸風は吉原の廓(くるわ)内で迎えられ、男芸者の門弟たちに歌い継がれ、遊里で練り上げられて、粋(いき)な座敷芸の歌曲となり後世荻江節とよばれるようになった。ただ2世と3世を名のった露友についてはいまのところ明らかでない。文政(ぶんせい)(1818~30)以後は衰退し、幕末になって吉原揚屋の主人で音曲通であった玉屋山三郎が、従来の長唄物、めりやす物のほかに、地歌の典麗な情調のものを取り入れたりして、荻江一流の特色の形成に意を注いだ。ついで深川の分限者、通称近江屋(おうみや)こと飯島喜左衛門が荻江節としての復興に尽力し、1876年(明治9)、一説には79年に、露友の名跡を継いで4世を名のり、ここに長唄の曲風から脱した独流の味をつくりあげた。4世没後は未亡人のいくが家元格となり、1904年(明治37)いくの没後は近親縁者によってわずかに習得継承されたなかで、柳原ひさ、梅の教えを受けた後継者には、佐橋章(さばししょう)、片山房枝、岡田よね、竹村すず、鎗田(やりた)ゆきらの名手が現れた。1956年(昭和31)研究保存育成の主旨のもとに荻江節真茂留(まもる)会が創立発足する一方、同年佐橋章(荻江露章(ろしょう))の妹前田すゑが5世露友を名のったことによる名跡をめぐり荻江会が分裂、2派に別れて存続している。[林喜代弘・守谷幸則]
『竹内道敬著「荻江節考」(『三味線とその音楽』所収・1978・音楽之友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おぎえ‐ぶし をぎえ‥【荻江節】
〘名〙 江戸長唄から派生した一派の歌謡。松島庄五郎の門人荻江露友が宝暦・明和(一七五一‐七二)の頃に歌い出したお座敷風の長唄。鳴り物を用いないで三味線だけで、撥数(ばちかず)をすこし多くし静かな趣がある。今は一中、河東、薗八(そのはち)とともに古曲の一つに数えられる。荻江。
※腕くらべ(1916‐17)〈永井荷風〉一二「薗八河東一中荻江節のやうなものに掛けてはなまなかの芸者よりもずっとしっかりしてゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻江節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荻江節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation