@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菅原文時【すがわらのふみとき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菅原文時
すがわらのふみとき
[生]昌泰2(899)
[没]天元4(981).9.8. 京都
平安時代の漢学者,廷臣。文章博士。高規の子。天暦8 (954) 年村上天皇意見封事を求めたのに応じ,天徳1 (957) 年鴻臚館復活などを記す封事三ヵ条を提出天元4 (981) 年従三位となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すがわら‐の‐ふみとき〔すがはら‐〕【菅原文時】
[899~981]平安中期の漢詩人・学者道真(みちざね)文章博士(もんじょうはかせ)。天暦8年(954)村上天皇に政治論「意見封事三箇条」を提出。菅三品(かんさんぽん)と称された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菅原文時 すがわらの-ふみとき
899-981 平安時代中期の公卿(くぎょう),学者。
昌泰(しょうたい)2年生まれ。菅原高視(たかみ)の子。菅原道真(みちざね)の孫。文章博士,大学頭(かみ),式部大輔(たいふ)を歴任。村上天皇のとき上奏文「封事三箇条」を提出。天元4年従三位。同年9月8日死去。83歳。詩文は「本朝文粋」「和漢朗詠集」に収録されている。菅三品(かんさんぼん)と称された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すがわらのふみとき【菅原文時】
899‐981(昌泰2‐天元4)
平安時代の漢詩人,学者。内記,弁官,式部大輔,文章博士などを歴任し,従三位に至ったので菅三品(かんさんぼん)と呼ばれる。菅原高視の子で道真の孫。家学である文章道にすぐれ,源為憲,大江匡衡らの文人は皆その添削を仰いだ。954年(天暦8)には村上天皇のに応じて3ヵ条の意見封事を上奏した。作品は《本朝文粋》《扶桑集》その他に数多く,《江談抄》にも逸話が残る。和歌も《拾遺集》に1首入集。【川口 久雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すがわらのふみとき【菅原文時】
899~981 平安中期の学者。道真みちざねの孫。菅三品と称される。文章博士・従三位。大江朝綱と並ぶ当代の高才で、その詩文は「和漢朗詠集」「本朝文粋」などに見える。954年村上天皇に「意見封事三箇条」を提出。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菅原文時
すがわらのふみとき
(899―981)
平安中期の文人。道真(みちざね)の孫、高視(たかみ)の子。菅三品(かんさんぽん)と称された。45歳でようやく対策及第、以後長く内記、弁官を務めたのち、文章博士(もんじょうはかせ)、大学頭(かみ)、式部大輔(しきぶのたいふ)等の学者としての顕職を歴任したが、公卿(くぎょう)昇任の望みはなかなかかなえられず、83歳でようやく従三位(じゅさんみ)に叙せられたものの、その年天元(てんげん)4年9月8日没した。大江朝綱(おおえのあさつな)・維時(これとき)と並ぶ村上(むらかみ)朝の代表的文人として、『坤元録屏風詩(こんげんろくびょうぶし)』の詠作、元号の勘申(かんじん)、詔勅・上表等の制作などに活躍した。さらに村上天皇の勅に応じて954年(天暦8)に提出された意見封事(ふうじ)三か条は、政治の改革を指摘した論文で、彼が単なる文人ではなかったことを示す。詩集『文芥(ぶんかい)集』のほか『叙位略例』の著作があったが、ともに散逸。詩文は『扶桑(ふそう)集』『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』などに多く残る。後代その繊細艶麗(えんれい)な詩風が愛好され、『和漢朗詠集』には本朝詩人中もっとも多くの作が引かれる。[後藤昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すがわら‐の‐ふみとき【菅原文時】
(「ふんとき」とも) 平安中期の学者、漢詩人。道真の孫。高視(たかみ)の子。従三位。文章博士。菅三品(かんさんぽん)と称される。家学である文章道にすぐれ、優婉な詩風をもつ。経世済民の見地で天暦一一年(九五七)意見封事三箇条を提出。著に「文芥集」(佚)がある。昌泰二~天元四年(八九九‐九八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅原文時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菅原文時の関連情報

関連キーワード

アルヌルフ[ケルンテン]アルフレッドアルヌルフ[ケルンテンの]アルフレッド[大王]ハムダーン・カルマトアルフレッドアルフレッド大王アルフレッド(大王)東フランク王国アルフレッド大王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation