@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菅実秀【すげ さねひで】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菅実秀 すげ-さねひで
1830-1903 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政13年1月8日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士戊辰(ぼしん)の敗戦処理に手腕を発揮し,家老にすすむ。このとき西郷隆盛厚遇の危機がすくわれたことを知る。以後西郷に師事し鹿児島藩の諸政策を参考にした。大泉藩権大参事,酒田県権参事を歴任。西南戦争後,「南洲翁遺訓」を刊行。明治36年2月17日死去。74歳。通称は善太右衛門。号は臥牛(がぎゅう)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅実秀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菅実秀の関連情報

関連キーワード

奴隷制廃止運動フランス史(年表)日露戦争史(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイト産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation