@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菊池五山【きくち ござん】

美術人名辞典

菊池五山
江戸後期の漢詩人讚岐生。名は桐孫は無絃、通称は佐太夫、別号に娯庵・小釣舎等。後藤芝山柴野栗山市河寛斎儒学を学ぶ。画の谷文晁、書の亀田鵬斎とともに、芸苑の三絶と称された。嘉永2年(1849)歿、81才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

きくち‐ござん【菊池五山】
[1769~1849]江戸後期の漢詩人。讃岐(さぬき)の人。名は桐孫(まさひこ)。通称、左太夫。市河寛斎に学び、のち江戸詩壇の代表的存在となった。五山堂詩話」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菊池五山 きくち-ござん
1769-1849 江戸時代後期の儒者,詩人。
明和6年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。京都の柴野栗山(りつざん)にまなび,江戸で市河寛斎の江湖詩社に参加。文化4年から26年間にわたり「五山堂詩話」15巻を出版して,同時代の詩人を論評,紹介した。その間の文8年高松藩儒官となった。嘉永(かえい)2年6月27日死去。81歳。名は桐孫(まさひこ)。字(あざな)は無弦(絃)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きくちござん【菊池五山】
1769‐1855(明和6‐安政2)
江戸後期の漢詩人。高松藩儒の家に生まれた。生年は1772年(安永1),没年は1853年(嘉永6)とも言われる。名は桐孫,字は無絃,通称左太夫,五山は号。少年時に京都に出,さらに1789年(寛政1)ころ江戸に下り,市河寛斎について詩を学んだ。その後しばらく江戸を離れたこともあるが,1805年(文化2)以後は江戸で活動し,大窪詩仏とともに幕末江戸詩壇の指導的立場にあった。その主著の《五山堂詩話》は,多くの詩人の作品を紹介しては批評を加えるという形式のもので,正編10巻,補遺5巻が07年から32年(天保3)ころにかけて順次刊行されて,自然と詩壇の機関誌のような役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きくちござん【菊池五山】
南北朝期,京都・鎌倉の五山の制にならい肥後(熊本)菊池の豪族菊池武光により同地に定められた臨済宗寺院で,輪足山東福寺,無量山西福寺,手水山南福寺,袈裟尾山北福寺,九儀山大琳寺の5寺および〈五山の上〉熊耳山正観寺などがそれにあたる。正観寺は1344年(興国5∥康永3)ころ菊池15代武光が菩提所として建立し,大方元(たいほうげんかい)を開山とした。1451年(宝徳3)には十刹に列せられている。東福寺は938年(天慶1)叡山僧証慶法印の開基と伝え,天台宗叡山正覚院の末寺であったが,その後微し,五山建立のとき再興

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きくちござん【菊池五山】
1769?~1849? 江戸後期の漢詩人。高松藩出身。市川寛斎に学ぶ。唐詩を排し宋詩を範とすべきことを説き、幕末江戸詩壇を指導。詩評に「五山堂詩話」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菊池五山
きくちござん
[生]明和6(1769)
[没]嘉永6(1853)
江戸時代後期の漢詩人。名,桐孫。字,無絃。五山は号。高松藩儒家の子。柴野栗山,市河寛斎に学び,江湖詩社の領袖として大窪詩仏柏木如亭とともに宋詩新風を広めるのに力があった。絵の文晁,書の鵬斎とともに芸苑の三絶といわれた。菊池寛はその裔。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菊池五山
きくちござん
(1769―1849)
江戸後期の漢詩人。名を桐孫(まさひこ)、字(あざな)を無絃、号を五山、通称を左太夫(さだゆう)という。高松藩の儒者の家に生まれる。京都で柴野栗山(しばのりつざん)に学び、のち江戸に下って市河寛斎(いちかわかんさい)の江湖(こうこ)詩社に入り、漢詩人として活躍した。早く江戸・深川の狭斜(きょうしゃ)の巷(ちまた)を漢詩に詠んだ『深川竹枝(ふかがわちくし)』で詩名をうたわれた。中国清(しん)の袁枚(えんばい)の『随園詩話(ずいえんしわ)』を手本に、1807年(文化4)以後『五山堂詩話』をほぼ年刊の形で15巻まで出版し続け、同時代の詩人の詩を広く論評紹介して、文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)の漢詩批評誌としての役割を果たした。嘉永(かえい)2年6月28日没。没年については、安政(あんせい)2年、安政6年などの異説もある。[揖斐 高]
『富士川英郎著『江戸後期の詩人たち』(1973・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きくち‐ござん【菊池五山】
江戸後期の漢詩人。讚岐の人。名は桐孫。字は無絃。通称左大夫。別号娯庵。柴野栗山に学び、江戸に入ってより市河寛斎の江湖詩社に参加して詩名をあげ、のち高松藩に仕える。書もよくした。「五山堂詩話」で各地の詩人を広く紹介し、江戸詩壇の大御所となった。明和六~嘉永二年(一七六九‐一八四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池五山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊池五山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation