@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菊田一夫【きくたかずお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菊田一夫
きくたかずお
[生]1908.3.1. 横浜
[没]1973.4.4. 東京
劇作家,演出家,プロデューサー。本名数男。恵まれない少年時代をおくったのち,詩人たらんと 1927年サトウハチロー門下となる。 30年浅草玉木座における処女作『阿呆疑士迷々伝』の上演をきっかけに以後,劇作家として活躍。金竜館,オペラ座,常盤座など浅草を本拠に,いわゆる爆笑喜劇を,榎本健一,古川緑波,徳川夢声らのために書き続けた。 36年ロッパ一座に招かれて東京宝塚劇場 (現東宝) の嘱託となり,『花咲く港』など多くの佳編を上演した。 55年に小林一三の招きで東宝の演劇担当重役に就任,57年に東宝芸術座を創設。 59年に開幕した『がめつい奴』は日本演劇史上初のロングランとなった。その成果により 60年菊池寛賞,61年芸術選奨受賞。また,63年東宝劇場で『マイ・フェア・レディ』を制作・上演し,ミュージカル・ブームに火をつける。 66年には新装開場した帝劇で『風と共に去りぬ』を世界で初めて劇化,上演。さらに 70年それをミュージカル化した『スカーレット』を同劇場で,次いでロンドン,パリで公演した。代表作はほかに『放浪記』,『がしんたれ』など。東宝演劇の一時代をつくった。ラジオでも活躍し,連続放送劇『鐘の鳴る丘』『君の名は』は空前のヒットとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きくた‐かずお〔‐かずを〕【菊田一夫】
[1908~1973]劇作家演出家神奈川の生まれ。本名、数男。第二次大戦後、「鐘の鳴る丘」「君の名は」で、連続ラジオドラマに新分野を開いた。戯曲花咲く港」「がめつい奴」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菊田一夫 きくた-かずお
1908-1973 昭和時代の劇作家,演出家。
明治41年3月1日生まれ。昭和のはじめ浅草軽演劇の喜劇作家としてみとめられる。戦後の22年NHKの連続放送劇「鐘の鳴る丘」を,27年同じく「君の名は」をヒットさせる。30年東宝の演劇担当重役となり,制作,演出にも進出。ブロードウェー-ミュージカルの移入と定着にもつくした。昭和48年4月4日死去。65歳。神奈川県出身。本名は数男。戯曲に「がめつい奴(やつ)」「がしんたれ」。
【格言など】人間は努力を忘れたらあかんで……ほんきに気い入れてやったら何でも思い通りになる(「がめつい奴」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きくたかずお【菊田一夫】
1908‐73(明治41‐昭和48)
劇作家,ラジオ・ドラマ作家。横浜生れ。本名数男。生後まもなく両親が離婚,菊田吉三郎の養子となるが,台北,大阪,東京であらゆる辛酸をなめる。サトウハチロー知遇を得て詩作を学び,〈笑いの王国〉〈古川緑波(ろつぱ)一座〉にオペレッタを提供。《道修(どしよう)町》《花咲く港》は戦前の代表作である。1955年小林一三に招かれ東宝取締役に就任,製作,脚本,演出を担当,《がめつい奴》(1959初演,菊池寛賞受賞),《がしんたれ》《雲の上団五郎一座》が大ヒット。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きくたかずお【菊田一夫】
1908~1973) 劇作家・演出家。横浜生まれ。本名、数男。第二次大戦後「君の名は」「鐘の鳴る丘」などのラジオドラマで人気を博し、また、「がめつい奴」「がしんたれ」などを上演、現在の商業演劇の方向を決定づけた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菊田一夫
きくたかずお
(1908―1973)
劇作家、演出家。明治41年3月1日横浜生まれ。孤児同様に他人の手で育てられ、丁稚(でっち)、小僧生活を経たすえ、サトウ・ハチロー門下として浅草の軽演劇一座に加入、1930年(昭和5)玉木座の『阿呆(あほう)疑士迷々伝』で注目された。その後、榎本(えのもと)健一、続いて古川緑波(ろっぱ)のための喜劇作品を書き、昭和初期の軽演劇時代の一翼を担った。当時の代表作に『花咲く港』(1943)がある。戦後はNHKのラジオドラマで活躍、『鐘の鳴る丘』(1947~50)、『君の名は』(1952~54)を書いた。55年東宝の演劇担当重役となり、劇作、演出と並行して演劇製作を続け、『がめつい奴』『放浪記』などの名舞台を生み、多くの俳優を育て上げた。63年(昭和38)にはブロードウェー・ミュージカル『マイ・フェア・レディ』を翻訳上演、日本の演劇史に一ページを加えた。庶民の哀歓を平明なスタイルで描き、幅広い層から支持された劇作家である。昭和48年4月4日死去。[水落 潔]
『『菊田一夫戯曲選集』全3巻(1965~67・演劇出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きくた‐かずお【菊田一夫】
劇作家、演出家。「鐘の鳴る丘」「君の名は」「がめつい奴」などの作品がある。明治四一~昭和四八年(一九〇八‐七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊田一夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊田一夫の関連情報

関連キーワード

秋山清神代辰巳沢渡朔国木田独歩[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)自動車工業造船業パーソンズ(Talcott Parsons)

他サービスで検索

「菊田一夫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation