@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菊酒【キクザケ】

デジタル大辞泉

きく‐ざけ【菊酒】
菊の花を浸した酒。また、重陽(ちょうよう)節句(9月9日)に飲む酒。菊の酒菊花の酒 秋》
みりん一種の花を煮付けたを用いて造ったもので、肥後加賀名産。菊の酒。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きくざけ【菊酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きくしゅ【菊酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

きくざけ【菊酒】

重陽(ちょうよう)の節句(陰暦9月9日)に飲む、菊の花を浸した酒。厄除け不老長寿を願って飲むならわしがあった。
➁加賀(石川県の旧国名)でつくられた名酒。◇名称由来には、石川県南部を流れる手取川、あるいは金沢市を流れる犀川の水源近くに菊の咲く地があった、霊峰白山の神体が「菊理媛(くくりひめ)」であることから、などのがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きく‐ざけ【菊酒】
〘名〙
① 菊の花を浸して飲む酒。また、重陽の節供の際に用いる酒。菊の酒。菊花の酒。《季・秋》
※延喜式(927)一三「凡九月九日平旦。供奉菊酒
※俳諧・毛吹草(1638)六「菊酒(キクザケ)の下戸と上戸は淵瀬哉〈秀重〉」
② 加賀(石川県南部)でつくられた名物の酒。菊水。
※杜詩続翠抄(1439頃)一二「聞道雲安麹米春、加賀の菊酒と云様に。纔傾一即醺人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation