@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

菩薩戒【ボサツカイ】

デジタル大辞泉

ぼさつ‐かい【××薩戒】
仏語。大乗菩薩が受持するをとどめ、を修め、人々のために尽くすという三つの面をもつ。梵網(ぼんもう)経に説く十重禁戒四十八軽戒(きょうかい)など。大乗戒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼさつかい【菩薩戒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼさつかい【菩薩戒】
菩薩が受けて、保つべき大乗の戒律。自己の悪を抑え、善を勧めるだけでなく、利他を含む。東大寺と延暦寺では解釈が異なるが、どちらも梵網経を主とする戒である。大乗戒。仏性戒ぶつしようかい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼさつ‐かい【菩薩戒】
〘名〙 仏語。
① 大乗の菩薩が受持すべき戒。菩薩としての自覚を持って受持するもので、止悪・修善・利他の三つの面を持つ三聚浄戒の性格を持つ。小乗の声聞戒と異なり、僧俗七衆が共通した戒法を受けるが、日本では鑑真来朝以後、梵網経による梵網戒が一般的。大乗戒、仏性戒などともいう。菩薩戒律。菩薩浄戒。
※続日本紀‐天平勝宝八年(756)一二月己酉「聞道。有菩薩戒。本梵網経。功徳巍々。能資逝者」 〔法苑珠林‐八九〕
② ①を授けること。また、その行事。長谷寺では、五月に広く一般庶民に授戒した。
※観智院本三宝絵(984)下「五月 長谷菩薩戒」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菩薩戒
ぼさつかい
三聚浄戒」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菩薩戒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菩薩戒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation