@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

華国鋒【かこくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

華国鋒
かこくほう
Hua Guo-feng
[生]1921.2.16. 山西,交城
[没]2008.8.20. 北京
中国の政治家。 1938年抗日遊撃隊に参加,中国共産党に入党。 49年から湖南省委書記などを歴任,農村合作化などを積極的に推進し,毛沢東に評価された。 68年湖南省革命委員会副主任となり,69年4月九全大会で党中央委員,70年 12月湖南省常務委員会成立とともに第一書記,73年8月十全大会で中央委員に再選されると同時に中央政治局委員,中央政治局常務委員会委員に選出された。 75年1月国務院副総理兼公安部長に就任。 76年4月党第一副主席,国務院総理に選ばれ,10月「四人組」を逮捕直後,党主席,中央軍事委員会主席に任命されて党,軍,国家の最高指導者の地位についた。四つの近代化などの政策を打出したものの,鄧小平ら古参幹部の名誉回復と復活,思想解放運動,脱文革路線に消極的であり,みずからに対する個人崇拝の提唱や独断的な経済政策の推進などで責任が問われ,78年 12月の 11期三中全会後影響力が低下した。 80年国務院総理を辞任。 81年6月 11期六中全会で党内批判を受け,中共中央主席と中央軍事委員会主席を辞任,中央副主席,政治局常務委員に降格。 82年より中央委員に再選されたが,政治的影響力はほとんどなくなった。 (→文化大革命 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐こくほう〔クワ‐〕【華国鋒】
[1921~2008]中国の政治家。山西省出身。1937年中国共産党入党。抗日遊撃戦に参加。中華人民共和国成立後は、国務院の中央政務につき、1976年党第一副主席兼首相に昇進。同年毛沢東死後、党主席と中央軍事委員会主席を兼任。1980年首相を辞任。1981年党副主席に、1982年中央委員に降格。ホワ=クオフォン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワ‐クオフォン【華国鋒】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かこくほう【華国鋒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

華国鋒
かこくほう / ホワクオフォン
(1921―2008)

中国の政治家。山西(さんせい)省交城県出身。1937年県職業訓練学校当時、中国共産党に加入。県党委員会書記として抗日遊撃戦に参加。1949年人民解放軍とともに湖南(こなん)省に南下。1950年毛沢東(もうたくとう)の知遇を得、1955年同省内の水利事業で成果をあげ、毛に評価される。同省文革派主流として、1969年第9回党大会で中央委員に選出された。1970年各省の先頭を切って再建された同省党委員会の第一書記となり、省革命委員会主任代理も兼任した。1971年北京(ペキン)で国務院の中央政務につき、当時の林彪(りんぴょう)事件の糾明にあたった。1973年党中央政治局委員、1975年副首相兼公安相。1976年1月周恩来(しゅうおんらい)死後首相代行を務め、同年4月の第一次天安門事件直後に党第一副主席兼首相に昇進。1976年9月毛沢東死後、翌10月「四人組」逮捕に活躍、党主席と中央軍事委員会主席を兼任し、中国の最高ポストについた。1976年末第2回大寨(だいさい)会議で演説。1980年(昭和55)5月と7月に来日。1977年の経済大躍進の失敗と毛沢東崇拝ゆきすぎのかどで1980年9月首相を辞任。1981年党六中総会で副主席(党内序列6位)に下る。1982年12回党大会ではただの中央委員にとどまり、2002年に退任。

[高市恵之助・渋谷 司 2019年4月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

華国鋒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

華国鋒の関連情報

関連キーワード

帰山教正ヴェナイト内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国アフマートワグリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation