@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カ】

デジタル大辞泉

か〔クワ〕【華】
華やかなこと。はでなこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【華】[漢字項目]
常用漢字] [音](クヮ)(漢) (慣) ゲ(呉) [訓]はな
〈カ〉
はな。「華道
はでで、はなやかなこと。「華燭(かしょく)華美華麗栄華(えいが)豪華繁華浮華
輝き。光。栄え。「月華光華国華
すぐれて美しいもの。「詞華精華
白い粉末。「鉛華
中国の自称。「華僑華語華字中華日華
(「華」の文字分析から)六十一歳。還暦。「華甲
〈ケ・ゲ〉はな。「香華散華法華(ほけ・ほっけ)蓮華(れんげ)優曇華(うどんげ)万華鏡曼陀羅華(まんだらげ)
[名のり]は・はる
[難読]華奢(きゃしゃ)華盛頓(ワシントン)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

京都府京都市、鼓月製造・販売する銘菓。黄味餡の焼饅頭。の花をかたどっている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

華 (ハナ)
植物。シキミ科の常緑小高木・高木,園芸植物,薬用植物。シキミの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クヮ【華】
〘名〙 はなやかなこと。はでなこと。色彩の美しいこと。外観のよいこと。みえ。虚飾。おごり。
※山谷詩集鈔(1647)五「公の学問にすいた事は、渇して水を思、飢て食を思様にあった倹約な者ぞ。くわをせず無欲にあった」 〔徐陵‐玉台新詠序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

華の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation