@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

萩の乱【はぎのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

萩の乱
はぎのらん
明治初年の不平士族による反乱の一つ。長州藩士で明治新政府参議,兵部大輔前原一誠が守旧主義の立場から政府を去り,郷里の不平士族に擁立されて,1876年 10月 28日に反政府の旗を掲げて蜂起に迫った。しかし新政府軍に鎮圧されて,同年 12月前原以下8人が斬首刑に処せられた。 (→秋月の乱 , 神風連の乱 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はぎ‐の‐らん【萩の乱】
明治9年(1876)山口県で不平士族が起こした反前原一誠らが神風連の乱秋月の乱に呼応して挙兵。政府軍に平定された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はぎのらん【萩の乱】
1876年,山口県萩で前参議・兵部大輔前原一誠ら不平士族のおこした反政府兵。前原一誠(佐世八十郎)は,幕末期久坂玄瑞や高杉晋作らと松下村塾に学び,討幕運動に参加,戊辰戦争では北越軍の参謀として活躍した。1869年(明治2)には参議,ついで兵部大輔となったが,当時の開明的な政府の方針や木戸孝允らと対立して翌年辞職,郷里萩に帰った。そこには1869‐70年における長州藩の諸隊反乱に対する木戸らの弾圧策への不満もひそんでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はぎのらん【萩の乱】
1876年(明治9)、山口県萩で起こった士族反乱。前参議前原一誠らの不平士族は、熊本の神風連の乱に呼応して挙兵したが鎮圧された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

萩の乱
はぎのらん
1876年(明治9)不平士族らが、前原一誠(まえはらいっせい)を擁して、山口県萩で起こした反乱。指導者一誠は、吉田松陰(よしだしょういん)門下生として名声があり、幕末長州藩の尊攘派(そんじょうは)志士として活躍したが、同藩出身で政府の要路にたつ木戸孝允(たかよし)らの文治主義に反対して武断主義をとった。新政府では参議を経て兵部大輔(ひょうぶたいふ)となったが、1870年(明治3)病気のため辞任して萩に戻った。一方、廃藩置県、徴兵令、秩禄(ちつろく)処分、廃刀令など、政府の近代化政策の進展に不満を抱く士族たちは、1874年の佐賀の乱を皮切りに、1876年10月24日熊本に神風連(しんぷうれん)の乱、同27日福岡に秋月の乱と武力反乱を起こした。これに呼応して、一誠らは同年10月28日萩の旧藩校明倫館(めいりんかん)に200人余を集めて蜂起(ほうき)した。しかし期待した薩摩(さつま)の不平士族らの協力は得られず、広島鎮台司令長官三浦梧楼(みうらごろう)らによって1週間余で鎮圧された。一誠は島根県で捕らえられ、首謀者8人とともに12月斬首(ざんしゅ)された。翌1877年西郷隆盛(さいごうたかもり)らによる約半年にわたる西南戦争の終結により、明治政府の官僚専制制は固まった。[小林 茂]
『富成博著『萩の乱と前原一誠』(1969・三一書房) ▽小林茂著『長州藩明治維新史研究』(1968・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はぎ【萩】 の 乱(らん)
明治九年(一八七六)山口県萩で、前原一誠ら不平士族が起こした反政府反乱。政府軍に包囲されて敗れ、前原は刑死。翌年の西南戦争の前駆的反抗運動。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

萩の乱
はぎのらん
1876(明治9)年,山口県の不平士族が前参議前原一誠を擁して萩でおこした反乱
熊本の神風連の乱,福岡の秋月の乱に呼応して蜂起した前原は士族仲間での徳望も高く,政府にとってはかなりの脅威であったが,海陸からの政府軍の攻撃により約1週間で鎮圧された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

萩の乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation