@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

落し網【オトシアミ】

デジタル大辞泉

おとし‐あみ【落(と)し網】
定置の一。網に入った魚が逃げ出さないように、傾斜のある登り網をつけたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

落し網
おとしあみ
trap net
漁業の網漁具のうち、定置網類の一種で、垣網、登り網、袋網(箱網)の3部からなるもの(瓢(ひさご)網類)と、登り網の前部に魚群がたまる囲網(かこいあみ)(運動場)が加わって4部からなるもの(狭義の落し網)とがある。この網の特徴は、魚の通路を遮る垣網で誘導された魚群が、直接またはいったん囲網に入ってから、上り傾斜のついた漏斗(ろうと)状の登り網を通って袋網に落ち込む仕組みにあり、袋網だけを揚網して漁獲する。登り網と袋網が垣網の両側にあるものを「両落し」、片側だけにあるものを「片落し」とよぶ。また、魚の入り口が垣網の両側にあるものを「両口」、片側だけのものを「片口」という。囲網のないものを瓢網類、囲網を有するものを狭義の落し網と分類するが、袋網を複数取り付け、さらにその先に金庫と称する溜(たまり)網を取り付けている落し網もある。囲網に底網(敷(しき)網)はなく、袋網は底網を有している。溜網の底網は、海底に着底しないよう水深の半分程度または水深の3分の1程度の深さに設計され、さらに天井網を取り付けることができる。比較的沿岸性の小形の魚類(アジ、サバ、イワシなど)を捕獲対象とする場合の端口(はぐち)は両口構造とし、大形回遊魚(ブリ、マグロなど)を漁獲対象とする場合の端口は片口構造とするのが一般的である。
 落し網は技術的にもっとも進んだ定置網で、現在の定置網のほとんどがこれである。規模や形はさまざまで、ことに小型落し網は、小台(こだい)網、ちょこ網、瓢網、角(かく)網など名称も地方によって異なる。また、底建(そこたて)網を改良した登り網を取り付けた落し網、およびこれと底建網を併用した中層定置網、底層定置網があり、これらには天井網を取り付ける。[添田秀男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落し網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

落し網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation