@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

落城【ラクジョウ】

デジタル大辞泉

らく‐じょう〔‐ジヤウ〕【落城】
[名](スル)
敵に城を攻め落とされること。「兵糧攻めで落城する」
もちこたえられず降参すること。また、くどかれて拒みきれずに承知すること。「泣き落としにかかって落城する」
[補説]書名別項。→落城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らくじょう【落城】[書名]
田宮虎彦歴史小説。昭和24年(1949)発表。東北地方の架空の、黒菅の悲劇を描いた連作小説の一つ。同作を表題作とする小説集は他に「末期の水」「寿命」などの作品を収め、昭和26年(1951)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らくじょう【落城】
スル
城が攻め落とされること。
物事を維持できずに投げ出すこと。また俗に、くどかれて承知すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく‐じょう ‥ジャウ【落城】
〘名〙
① 城が敵に攻め落とされること。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)三「新田の城、落城(ラクジャウ)に及びなば」
② ささえきれないで降参すること。また、維持できないで投げ出すこと。
※付焼刃(1905)〈幸田露伴〉四「何も彼ももう落城して仕舞った」
③ くどかれて承諾すること。
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月一三日「大きく出れば、いかな母でも半分落城(ラクジャウ)する所だけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

落城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation