@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

落款【らっかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

落款
らっかん
落成款識」の味で,巻物巻末や掛幅の一端などに,筆者みずからが書き記した姓名や号,制作年月干支のほか,自捺した印章などを合せていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らっ‐かん〔ラククワン〕【落款】
[名](スル)《落成の識(かんし)の意》書画が完成したとき、作者署名し、または押すること。また、その署名や印。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らっかん【落款】
落成款識(かんし)の。書画が完成したとき,それが自作であることを示すため,作品に姓名,字号,年月,識語(揮毫の場所,状況,動機等の),文などを記すこと。その文を款記,そのときに捺(お)す印章を落款印という。中国では《芥子園(かいしえん)画伝》に,〈元以前は多く款を用いず。は之を石隙に隠す。書の精ならずして画局を傷つくること有るを恐るるのみ。倪雲林に至り,字法遒逸,或は詩尾にを用い,或は跋後に詩を系(つ)ぐ〉とあり,本来画工は絵に無款のままか目だたぬように記した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

落款
らっかん

「落成款識(らくせいかんしき)」の略語。日本・東洋の書画で、完成の際、筆者が作品に施す署名捺印(なついん)のこと。書の末尾や画面の空隙(くうげき)などに姓名、雅号(がごう)、位階、あるいは制作年月日を記し、印を押す。絵画の内容に関連した詩文(讃語(さんご))や跋語(ばつご)、揮毫(きごう)に至った経緯を記した識語などがある場合には、これをも含めていうことがある。その作品の真贋(しんがん)や制作年代の推定をするうえで一つの基準ともなるものである。落款を入れる位置は、通常は巻末や画面の空隙などであるが、対幅や屏風(びょうぶ)では、それぞれ対称的な位置に入れるのが普通である。また落款があまり目だつことがはばかられる場合には、画面に描かれた樹葉や岩石、土坡(どは)の皴(しゅん)の中に入れることもある。これを「隠し落款」といい、中国の宋元(そうげん)画などにはときにみられる。

[榊原 悟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らっ‐かん ラククヮン【落款】
〘名〙 (落成の款識の意) 書画をかき終えた後に、筆者自身でその姓名・号などを書き、もしくはその雅号などの印を押すこと。また、その署名や印。
※随筆・画譚雞肋(1775)「画成りて名を題するに、一幅の内に恪好の所あり、落欵其所を失すれば、全局を損すと」 〔小山画譜‐巻下・落款〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落款」の用語解説はコトバンクが提供しています。

落款の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation