@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

落雷【ラクライ】

デジタル大辞泉

らく‐らい【落雷】
[名](スル)雷が落ちること。雷雲地面との間に放電が起こること。地上の突起物に落ちやすい。対地放電。「立ち木に落雷する」 夏》雷撃1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

落雷
気象庁気象研究所の林修吾研究官によると、上空から落ちてくるあられと雪や雲粒が衝突し、プラスとマイナスの電気が発生。雷を起こすと考えられる。日本の上空では気温は夏でも零下になるため、積乱雲などができると発生しやすい。気象庁には雷注意報はあるが、警報はない。予測が難しいためだ。ただし、最近の数値予報ではあられや雪の量が予測できるため、落雷の予測精度の向上につながる可能性もある。
(2006-08-11 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

らくらい【落雷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

落雷
らくらい
cloud-to-ground discharge

雷雲と大地との間におこる雷放電。対地放電ともいう。雷雲の下部から中部にかけて蓄積された電荷(通常の雷では負電荷)と、それに誘導された反対符号の地表面電荷とが火花放電によって中和される現象である。これに対して、雲の中の正負の電荷間でおこる放電は雲(くも)放電とよばれる。落雷の閃光(せんこう)の継続時間は平均0.2秒ほどであるが、そのなかには数回の雷撃(雲と大地の間を往復する電光放電)が含まれている。雷撃電流の波高値は5~100キロアンペアに達するが、1回の落雷で中和される電気量は夏季の落雷では平均20~30クーロンにすぎない。

[三崎方郎]

『竹内利雄著『雷放電現象』(1987・名古屋大学出版会)』『饗庭貢著『雷の科学』(1990・コロナ社)』『速水敏幸著『謎だらけ・雷の科学――高電圧と放電の初歩の初歩』(1996・講談社)』『岡野大祐著『カミナリはここに落ちる――雷から身を守る新しい常識』(1998・オーム社)』『北川信一郎著『雷と雷雲の科学――雷から身を守るには』(2001・森北出版)』『ピーター・ハッセ、ヨハネス・ヴィジンガー著、加藤幸二郎・森春元訳『雷保護と接地マニュアル――IT社会のアキレス腱』(2003・東京電機大学出版局)』『中谷宇吉郎著『雷』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく‐らい【落雷】
〘名〙 雷が落ちること。雷雲と地表物体との間に生じる放電現象をいう。一般に、平地では樹木・塔などの突起部に生じ、生物の殺傷、火災などの被害を伴うことがある。《季・夏》
※航米日録(1860)二「是を檣頭に立て、夫れに接て鉄鎖を海中へ垂下す、是にて落雷の憂なしと云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落雷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

落雷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation