@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葉状体【ヨウジョウタイ】

デジタル大辞泉

ようじょう‐たい〔エフジヤウ‐〕【葉状体】
植物の体制で、区別がなく全体が平らな葉状のもの。→茎葉体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようじょうたい【葉状体 thallus】
植物体の体制を二大別した場合,茎と葉がはっきりしている茎葉体に対して,多細胞体でありながら茎葉の区別のないものを葉状体という。葉状体をもった植物を一括して葉状植物Thallophytaということもある。しかし,これは外見からみた感覚的な表現で厳密に定義されたものではない。維管束植物はすべて茎葉体であり,コケ植物のうち,苔(たい)は葉状体,蘚(せん)類は茎葉体をもつ。S.L.エントリッヒャーの分類によれば,藻類菌類茎葉植物に対して葉状植物と総称される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようじょうたい【葉状体】
茎・葉の区別がなく、維管束をもたない植物体。苔類・藻類・菌類などはこれに属する。 ⇔ 茎葉体

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

葉状体
ようじょうたい
維管束をもつ植物体は、マツバランのようなわずかな例外を除いて茎・葉・根の器官が明瞭(めいりょう)に分化していて、これらを茎葉体というのに対して、維管束をもたない植物体は、多細胞であっても組織分化が少なく、器官分化はないか、またはあっても不明瞭であるため、これらを葉状体という。ただし、蘚類(せんるい)や車軸藻類などは、維管束がないにもかかわらず明瞭な器官分化を示すので、これらは葉状体と茎葉体との中間的なものとも考えられる。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようじょう‐たい エフジャウ‥【葉状体】
〘名〙 多細胞からなるが、茎葉や維管束の未分化の体制をいう。茎葉体に対する語。〔原子と椎茸と(1954)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉状体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葉状体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation