@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葉肉【ヨウニク】

デジタル大辞泉

よう‐にく〔エフ‐〕【葉肉】
葉の表皮内部にある、葉緑体を含む柔細胞の集まり。海綿状組織と柵状(さくじょう)組織とからなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようにく【葉肉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようにく【葉肉】
葉の表裏両側の表皮間を満たす部分。主に柔細胞から成り、葉緑体を含む。通常、柵状さくじよう組織と海綿組織に分かれ、ところどころに維管束が貫通する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

葉肉
ようにく
葉を構成する組織の一つで、葉肉組織ともいう。葉肉は葉の中の基本組織であり、柵(さく)状組織と海綿状組織とに分けられるが、その区別がはっきりしないこともある。一般に陽葉では柵状組織がよく発達し、陰葉ではその発達が悪い。葉肉の細胞は葉緑体をもち、葉の光合成器官としての機能を担っている。葉肉組織の細胞間には、豊富な細胞間隙(かんげき)(空気間隙)がある。外界の空気は気孔を介してこの間隙と連絡しているので、細胞間隙は個々の細胞の光合成、呼吸、蒸散に重要な役割をもっている。一般に細胞間隙の量は海綿状組織に多く、縦長の細胞が比較的密に並ぶ柵状組織では少ない。[原 襄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐にく エフ‥【葉肉】
〘名〙 葉の上下両表皮の間を満たしている部分。ふつう柵状組織と海綿組織からでき、その間を維管束が貫通する。多数の葉緑体を含んだ細胞からなり、同化作用を営む。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉四「繊維は葉の材部〈即ち葉骨なり〉を構造し細胞は其周囲に満布して軟部〈即ち葉肉なり〉を組織す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉肉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葉肉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation