@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葉身【ようしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

葉身
ようしん
lamina; leaf blade
葉片ともいう。葉の平らな部分をさしていう。完全葉と称されるものは身,葉柄托葉から成る。葉柄が発達しなかったり,托葉が欠けるか,あっても早期に脱落するものでは,葉が葉身だけから成ることもある。構造的には葉脈と葉肉とから成り,扁平で葉緑体に富み光を受けて同化作用を行うとともに,気孔に富んでいてよく蒸散の作用を司る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐しん〔エフ‐〕【葉身】
葉の主要部分。ふつう扁平なをしているが、鱗片状や針状のものもある。葉片

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしん【葉身】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようしん【葉身】
葉の主要部分。表皮と葉肉と葉脈とから成り、一般に扁平な形をしている。葉片。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

葉身
ようしん
葉の平面的な部分で、光合成を活発に行う。葉は、一般に葉身と葉柄(ようへい)と托葉(たくよう)とからなるが、かならずしもこの三者がそろっているとは限らない。このうち、葉身は葉が光合成器官であるという意味で、もっとも重要な部分である。[原 襄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐しん エフ‥【葉身】
〘名〙 葉の主要部で、普通、扁平に広がり、葉肉と葉脈とから成るもの。葉緑体を含み、光合成を行なう。一般に葉柄に支えられて茎につくが葉柄のないものもある。葉片。
※草のつるぎ(1973)〈野呂邦暢〉一「水で清められた葉身はかぐわしかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葉身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation