@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葉鞘【ヨウショウ】

デジタル大辞泉

よう‐しょう〔エフセウ〕【葉×鞘】
葉の基部(さや)になり、を包む部分。カヤツリグサなどにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしょう【葉鞘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようしょう【葉鞘】
さやのように茎を包んだ葉の基部。セリ科やイネ科などにみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

葉鞘
ようしょう
葉の基部が茎を抱き包むように発達しているとき、これを葉鞘という。托葉(たくよう)と相同であるとする考え方もあるが、確証はない。葉鞘として同じような形を示すものであっても、学問的には異なった起源のものがあると考えるのが妥当であろう。イネ科の植物には葉鞘がみられるが、ショウガ、バショウ、シュロなどでは、葉鞘が重なり合って、幾重にも茎を取り巻く形となる。単子葉植物にその例が多いが、双子葉植物の葉にも認められる(セリ科、タデ科など)。[原 襄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐しょう エフセウ【葉鞘】
〘名〙 植物で、葉柄の基部が発達して鞘状となり茎を抱擁または包囲する部分。イネ科・カヤツリグサ科・タデ科・セリ科の植物にみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉鞘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葉鞘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation