@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

著作物【チョサクブツ】

デジタル大辞泉

ちょさく‐ぶつ【著作物】
作者著作したもの。特に、文芸学術美術・音楽などに関する思想感情を創作的に表現したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

著作物
著作権法第2条によると「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」。文章や絵や写真などほとんどのものが著作物として保護される。作者の死後50年を過ぎたものは保護されない
(2006-09-16 朝日新聞 朝刊 be週末b6)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ちょさくぶつ【著作物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょさくぶつ【著作物】
著作によって作られたもの。思想や感情を文章に表出し、これを印刷して発行したもの。著作。
著作権法上、思想または感情を創作的に表現したもので、文芸・学術・美術または音楽の範囲に属するもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

著作物
“思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するもの”(「著作権法」第2条第1項1号).「著作権法」の中では,具体的に言語,音楽,舞踊または無言劇,美術,建築,図形,映画,写真,プログラムが著作物として例示されている.これに加え,既存の著作物を加工して創作される二次的著作物(翻訳,映画化など),既存の著作物やデータといった素材を創作的に選択・配列した編集著作物(百科事典など),さらに編集著作物と同様のもので,コンピュータで検索できるデータベースも著作物とみなされる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょさく‐ぶつ【著作物】
〘名〙 著作によってつくられたもの。特に、文芸、学術、美術、音楽などに関する思想・感情を創作的に表現したもの。現行著作権法ではコンピュータープログラムなども含まれる。
※著作権法(明治三二年)(1899)一条「其の他文芸学術若は美術の範囲に属する著作物の著作権者は著作物を複製するの権利を専有す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

著作物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

著作物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation