@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

著者標目【ちょしゃひょうもく】

図書館情報学用語辞典 第5版

著者標目
“著者名を目録記入標目としたもので,著者名典拠ファイルに基づく統制された形をとる”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).個人名標目団体名標目(会議名などを含む)に区分される.『日本目録規則1987年版改訂3版』では,記述中の記録位置(本タイトルの責任表示として記録されているもの,特定の版または付加的版の責任表示として記録されているもの,注記に記録されているものなどの区別),および著作への関与の程度(主な著作関与者,副次的な著作関与者,その他の著作関与者の区別)を組み合わせることで,標目とするもの,必要に応じて標目とするもの,原則として標目としないものに3区分する基準を示している.RDAおよび『日本目録規則2018年版』では,著者の優先名称により構築された典拠形アクセスポイントがこれに当たる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

著者標目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

著者標目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation