@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葛城稚犬養網田【かずらきの わかいぬかいのあみた】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

葛城稚犬養網田 かずらきの-わかいぬかいのあみた
?-? 飛鳥時代の武人。
皇極(こうぎょく)天皇4年(645)中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(のちの天智天皇)にしたがい,飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)で佐伯子麻呂(さえきの-こまろ)とともに蘇我入鹿(そがの-いるか)を斬殺した(大化の改新のはじまり)。宮城の門の守衛にあたる一族のひとりで,その前年中臣(なかとみの)(藤原)鎌足の推挙により入鹿殺害の実行者に指名されていた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

葛城稚犬養網田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葛城稚犬養網田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation