@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葛城【カズラキ】

デジタル大辞泉

かずらき【葛城】[謡曲]
謡曲。三番目四番目物世阿弥作。大和葛城(かずらき)山で、岩橋を架けなかったために不動明王(なわ)に縛られて苦しんでいる葛城の神説話を扱う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ【葛城】
奈良県西部の市。西部山間部での林業のほか、トマト・きゅうりなど野菜類や、菊・チューリップなど花卉(かき)栽培が盛ん。平成16年(2004)新庄町、當麻(たいま)町が合併して成立。人口3.6万(2010)。
《古くは「かづらき」》奈良県中西部、葛城山東麓一帯の呼称。現在の葛城市御所(ごせ)市を中心とする地域。
かずらき
[補説]書名別項。→かつらぎ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ[書名]
日本の俳誌。昭和4年(1929)、阿波野青畝が奈良で創刊。同人に森田峠、加藤三七子など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かずらき〔かづらき〕【葛城】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

葛城
大日本帝国海軍の航空母艦。雲龍型空母。1944年10月竣工。1945年の呉大空襲により損傷戦後、復員船として利用された後、解体(1947年)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かずらぎ【葛城】
古代の大和の地名金剛山地の東麓,南から北に貫流する葛城川にはさまれた御所市,大和高田市,北葛城郡にわたる地域の総称で,大和朝廷の歴史に一貫してあらわれる重要な地名である。綏靖(すいぜい)天皇の葛城高丘宮,安寧天皇の片塩浮孔宮,孝昭天皇の掖上(わきがみ)池心宮,孝安天皇の室秋津嶋宮,いずれも伝承上の天皇の宮が葛城の地に選ばれた事例である。二つの氏族が葛城の地名をの名とした。葛城直は《日本書紀》神武2年条に葛城国造に任ぜられた劒根ので,《姓氏録》に高魂命5世孫とする神別の氏である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かずらき【葛城】
能の曲名四番目物作者不明。シテは葛城明神の神霊。旅の山伏(ワキ)が大和の葛城山に入ると雪になった。そこへを携えた女(前ジテ)がやってきて,山伏をわが家に連れて帰る。女は暖かく火を焚いてもてなし(〈クセ〉),祈禱をしてもらいたいと頼む。訳を尋ねると,自分は役行者えんのぎようじや)の岩橋を架けよという命令に背いたために,蔦葛(つたかずら)で縛られて苦しみ続けている身だと告げて消え去る。女は葛城明神の仮の姿だったのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かずらき【葛城】
◇ かつらぎ(葛城)に同じ。
能の一。三・四番目物。世阿弥作。大和の葛城山で、山伏の前に葛城の女神が現れ、怠って岩橋を架けなかったため、役小角えんのおづのの怒りに触れて不動の大縄に縛られている苦しみを語る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かずらき【葛城】
姓氏の一。古代の豪族。葛城襲津彦を祖とするとされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ【葛城】
古くはかづらき
◇奈良県北西部一帯の地。古代の倭六県やまとのむつのみあがたの一つ葛城県の所在地。
◇奈良県北西部の市。金剛山地東斜面に位置する。米・花卉かきなどの農業のほか、工場進出も進む。
大和朝廷時代、大和葛城地方を本拠とした豪族。特に武内宿禰たけのうちのすくねを祖といい、臣おみの姓を称した一族は天皇家と婚姻関係を結び有力であった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ【葛城】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かずらき かづらき【葛城】
[二] 謡曲。三・四番目物。各流。作者不詳。古名「雪葛城」。大和国葛城山で、岩橋をかけるのを怠ったため、不動明王のなわに縛られて苦しんでいる葛城の神を山伏が救う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ【葛城】
[1] (古くは「かづらき」)
[一] 奈良県西部、金剛山の東斜面一帯の地域。「日本書紀」によれば、神武天皇が平定した赤銅八十梟師(あかがねのやそたける)の住んでいた所。高尾張邑(たかおはりのむら)。現在は御所(ごぜ)、葛城、香芝(かしば)などの市が成立。
※万葉(8C後)二・一六五・題詞「移葬大津皇子屍於葛城二上山之時」
[二] (葛城) 奈良県西部の地名。近鉄南大阪線・御所線とJR和歌山線が通じ、当麻寺がある。平成一六年(二〇〇四)市制。
[2] 〘名〙 綿織物の一種。厚地の綾織り綿布。生地で輸出するときは太綾といわれ、葛城の名称は国内で使う。服地、白衣用。岡山県が主産地。葛城織。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつらぎ【葛城】
(古くは「かづらき」) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

葛城
かつらぎ
雲竜型航空母艦」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葛城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation