@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

董卓【とうたく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

董卓
とうたく
Dong Zhuo; Tung Cho
[生]?
[没]初平3(192).4.23.
中国,後漢末の群雄の一人。隴西 (甘粛省) の人。字は仲潁。若い頃から侠気があり, (きょう) の首長たちを手なずけていた。黄巾の乱討伐に参加し,次いで関中に起った辺章らの乱を平定。強力な軍事力を背景に并 (へい) 州牧となり,半独立の勢いを示した。何進が宦官誅滅をはかると,その援助を求められ洛陽に向った。何進は殺されて計画は失敗したが,はそのまま洛陽に入って,献帝を即位させ,朝政を独占。次いで長安遷都を敢行した。彼はまた長安に近いびに塢 (う。集落のまわりに築いた土手) を築いたが,その横暴を憎む朝臣王允のために殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐たく【董卓】
[?~192]中国、後漢末の群雄の一人。霊帝の没後、献帝を擁立。一時は政権を掌握するが、袁紹(えんしょう)を中心とした軍に敗れ、のち部下呂布(りょふ)に殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうたく【董卓 Dŏng Zhuō】
?‐192
中国,後漢末の群雄の一人。臨洮(甘粛省)の人。字は仲頴。性格は粗暴で腕力にまさり,羌(きよう)族の長を懐柔して勢力を養う。霊帝の末年に幷州牧となり,強大な軍隊を率いて時勢を観望する。189年に外戚の何進の宦官誅滅計画に応じて洛陽に進軍すると,献帝を擁立して政権を掌握するとともに暴虐のかぎりをつくした。190年(初平1),袁紹盟主とする董卓討伐軍が組織されると彼は長安に遷都したが,いよいよ凶暴となり,部下の呂布に殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうたく【董卓】
?~192 中国、後漢末の群雄の一人。強力な軍隊を背景に少帝を廃して献帝を擁立し、一時政権を掌握したが、部下の呂布に殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

董卓
とうたく
(?―192)
中国、後漢(ごかん)末の群雄の1人。隴西(ろうせい)(りんとう)(甘粛(かんしゅく)省岷(びん)県)の人。若いときから侠気(きょうき)があり、羌(きょう)族の首領たちを手なずけた。下級武官を振り出しに、地方、中央の武官を歴任して功をたて、その間に強大な軍隊をもつようになった。当時、宮廷では大将軍何進(かしん)らが宦官(かんがん)の誅滅(ちゅうめつ)を計画していたが、霊帝が死に少帝がたつと(189)、董卓の兵力を利用しようとした何進は、董卓を洛陽(らくよう)に召集した。董卓は入洛の途上、宮城外に避難していた少帝を擁して入洛し、都を制圧して少帝を殺し、献帝をたて、横暴のふるまいが多かった。そのため宦官を滅ぼして勢いにのった袁紹(えんしょう)らが、董卓討伐の兵をあげると、董卓は献帝を伴って長安に遷都した。しかし、長安でも凶暴なふるまいが多く、王允(おういん)は朝会の場で、董卓の将呂布(りょふ)に董卓を殺させた。[五井直弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

董卓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

董卓の関連情報

関連キーワード

グローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレードギガナビスナビスボロゲセス3世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation