@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葦船【あしぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

葦船
あしぶね
(1) 最も古いの形式の一つで,パピルスで造ったエジプトの草いかだが初めといわれる。世界各地にあり,今日では南アメリカのペルーボリビア両国にまたがるチチカカ湖のものが代表的存在である。日本でも『古事記』に船の名が出てくるが,実体は不明。 (2) 刈取った葦を積んだ船。日本の上代から近世文学絵画に登場することが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あし‐ぶね【葦船】
〘名〙
① 葦で編んで作った小さな舟。もっとも原始的な舟で、古代のエジプト・インド・中国などで用いられた。日本神話には、蛭子(ひるこ)をのせて流したと伝える。あしのふね。
※古事記(712)上「此の子は葦船(あしぶね)に入れて流し去てき」
② 葦を積んだ船。あしかりぶね。《季・秋》
※忠見集(960頃)「難波にあしぶねあり」
③ 水に浮いている葦の葉を船にたとえていう語。《季・秋》
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)五「一生の危(あやうき)こと、此芦舟(アシフネ)に劣らんや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葦船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葦船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation