@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

葬礼【そうれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

葬礼
そうれい
死体の処理に伴う儀礼で,葬式葬儀などともいう。霊魂信仰を基調としてきた日本人の伝統的な考え方では,死体に含まれる霊魂の処理を完了するまでの全期間,つまり死の前後から死者の供養をしなくなる弔い上げまでを葬礼と呼ぶべきであったが,仏教が死の儀礼を専管するようになってから,埋葬または火葬以後の諸儀式を仏教式に供養と呼ぶことになったため,一般には息を引取ってから埋葬または火葬までの諸式を,葬礼と呼ぶことが多くなり,さらには遺体を葬家から墓地へ運ぶまでの諸式に限って,葬礼と呼ぶようにもなった。この狭い意味での葬礼は,家葬礼,庭葬礼,墓葬礼に分けることができる。家葬礼は出棺までの家屋内での諸式で,近親者が死者に別れを告げ,座敷から縁側を通って出棺するが,そのとき仮門といって,割竹などでつくった門形をくぐって出す (→死霊 ) 。庭では葬列を整え,左回りに3回まわったりする。墓では僧に引導を渡してもらい,近親者が少しずつ土を掛けてから埋葬し,土饅頭を築いて上に霊屋 (たまや) を載せ,供物や灯明や線香を上げたりする。 (→葬制 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐れい〔サウ‐〕【葬礼】
死者をほうむる儀式。とむらい。葬儀。葬式。喪礼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐れん サウ‥【葬礼】
※浄瑠璃・児源氏道中軍記(1744)三「葬礼(サウレン)に行かしゃる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葬礼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation