@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蒲生君平【がもうくんぺい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蒲生君平
がもうくんぺい
[生]明和5(1768).下野宇都宮
[没]文化10(1813).7.5.
江戸時代後期の勤王家。名は秀実,一名夷吾,君平はその字,別字は君蔵,通称は伊三郎。宇都宮の商家福田氏に生れる。幼いとき祖母より蒲生氏郷の血をひくことを知らされ,みずから氏を蒲生に改めた。 14歳のとき鹿沼儒者鈴木石橋について学び,国史古典に親しむとともに,しばしば水戸に往来して,藤田幽谷と交わった。水戸学の影響のもとに大義名分を重んじ,尊王の志に厚く,寛政 11 (1799) 年山陵の実地調査におもむき,京都近郊のほか摂津,河内,和泉,大和を訪れた。帰途伊勢に本居宣長をたずね,北陸から佐渡に渡って順徳陵を拝した。享和1 (1801) 年『山陵志』 (2巻) を草する。これは幕末尊王論先駆をなすものである。また時弊を論じた『今書』,文化4 (07) 年にロシア軍艦が北辺を侵犯するのを聞いて慷慨して著わした『不恤緯』といった憂国警世の書がある。高山彦九郎林子平と並んで寛政三奇人の一人。著作『職官志』『皇和表忠録』『女誡国字解』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

蒲生君平
1768(明和5)年、宇都宮で生まれた江戸時代の儒学、考古学者。林子平、高山彦九郎とともに「寛政の三奇人」と呼ばれた。全国の天皇陵旧跡をめぐり「山陵志」を著した。著書の中で前方後円墳という用語を初めて使い、その名づけ親となる。1813(文化10)年、46歳で江戸で亡くなった。1912(大正元)年、蒲生君平先生九十九年祭執行の際、神社創建の話が起こり、県民をあげての賛同で26(大正15)年7月に蒲生神社本殿が完成した。
(2013-01-19 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

がもう‐くんぺい〔がまふ‐〕【蒲生君平】
[1768~1813]江戸後期の尊王論者・儒学者。下野(しもつけ)の人。名は秀実。水戸学の影響を受ける。荒廃した歴代天皇陵を調査して「山陵志」を著述。また、「不恤緯(ふじゅつい)」で、海防の必要を説く。林子平高山彦九郎とともに、寛政の三奇人といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蒲生君平 がもう-くんぺい
1768-1813 江戸時代後期の儒者。
明和5年生まれ。鈴木石橋にまなび,のち水戸学の影響をうける。北方の防備を説き,また歴代天皇陵を調査して「山陵志」をあらわした。寛政三奇人のひとり。文化10年7月5日死去。46歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は福田。名は秀実,夷吾。字(あざな)は別に君蔵。通称は伊三郎。号は修静庵。著作はほかに「今書(きんしょ)」「不恤緯(ふじゅつい)」。
【格言など】丈夫生まれて四方の志有り。千里剣書何れの処にか尋ねん(「述懐」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

がもうくんぺい【蒲生君平】
1768‐1813(明和5‐文化10)
江戸後期の尊王論者。名は秀実,通称伊三郎,字は君平。下野宇都宮の商家の四男として生まれ,儒者鈴木石橋のもとに学び,のち藤田幽谷,林子平らと交わり,水戸学の影響を受けた。荒廃した歴代天皇陵を調査し,1808年(文化5)《山陵志》を著したが,これは幕末尊王論に大きな影響をあたえた。また,ロシア軍艦の北辺出現を契機として1807年に《不恤緯(ふじゆつい)》を著し,幕閣に危機意識と海防の必要性を訴えた。林子平,高山彦九郎とともに〈寛政の三奇人〉と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蒲生君平
がもうくんぺい
(1768―1813)

江戸後期の学者。名は秀実(ひでざね)、通称は伊三郎、字(あざな)を君蔵または君平といい、修静庵(あん)と号した。下野(しもつけ)国(栃木県)宇都宮の灯油商福田又右衛門正栄の四男。蒲生氏郷(うじさと)の子孫であるという家伝に従い、のちに自ら福田を蒲生と改姓した。14歳のときから同国鹿沼(かぬま)の儒者鈴木石橋(すずきせっきょう)(1754―1815)の門に入り、国史や古典を学び、さらに水戸の藤田幽谷(ふじたゆうこく)と親交を結び、水戸学の影響を受けた。1790年(寛政2)、東北遊歴中の高山彦九郎を慕って石巻(いしのまき)まで行ったが会えず、帰路仙台の林子平(はやししへい)を訪ねて、北辺の防備などの国事を語り合った。1795年には、ロシアの南下に対する海防の薄さを憂えてふたたび東北地方を巡歴し、のち1807年(文化4)ロシア船による北辺侵犯事件が起きた際は、国防策を記した『不恤緯(ふじゅつい)』を幕府に上呈した。これより先の1796年、歴代天皇陵の荒廃を嘆いた彼は、『山陵志(さんりょうし)』の編纂(へんさん)を意図して上京し、のち近畿一帯の山陵を実地に踏査し、1801年(享和1)全2巻を脱稿した。翌1802年大学頭(だいがくのかみ)林述斎(じゅつさい)の門に入り、いっそう学問の道を深めた。

 晩年は江戸に居を移して著述に専念し、文化(ぶんか)10年7月5日に病没、江戸谷中(やなか)の臨江寺(りんこうじ)に葬られた。法名は修静院殿文山義章大居士。ほかの著作に時弊を論じた『今書(きんしょ)』(1792ころ)や、日本古来の官職の沿革を記した『職官志』(1811)などがある。とくに『山陵志』は幕末尊王論の先駆として有名。高山彦九郎、林子平とともに、寛政(かんせい)の三奇人とよばれる。

[竹内 誠 2016年5月19日]

『三島吉太郎編『蒲生君平全集』全1巻(1911・東京出版社/増補校訂5版・1938・盛文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がもう‐くんぺい【蒲生君平】
江戸後期の尊王思想家。下野(しもつけ)宇都宮の人。通称伊三郎。名は秀実。水戸学の影響をうけ、大義名分論を重んじ、国防と尊王の一致を唱える。高山彦九郎、林子平とともに寛政の三奇人といわれる。主著「山陵志」「不恤緯(ふじゅつい)」「職官志」。明和五~文化一〇年(一七六八‐一八一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蒲生君平
がもうくんぺい
1768〜1813
江戸後期の尊王論者・儒者。寛政の三奇人の一人
下野 (しもつけ) (栃木県)の人。藤田幽谷と交わり,水戸学の影響をうけた。天皇陵の荒廃をなげき,全国を踏査して『山陵志』を,また海防の急務を説いて『不恤緯 (ふじゆつい) 』を著した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒲生君平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒲生君平の関連情報

関連キーワード

ブルース(James Bruce)斑糲岩クチュクカイナルジ条約グラフトン(公)バール連盟露土戦争アークライトエカチェリーナ(2世)食込ラボアジエ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation