@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ガマ】

デジタル大辞泉

がま【×蒲/香蒲】
《古くは「かま」》ガマ科の多年草。池や沼の岸辺に群生。高さ1~2メートル。根茎は白く、泥中をはう。葉は線形で厚く、茎より高く伸びる。夏、黄色の雄花が上部に、緑褐色の雌花が下部についた円柱形の花穂ができる。花粉を漢方で蒲黄(ほおう)といい、止血薬とする。かば。みすぐさ。 穂=夏 穂絮=秋》「雨の輪も古きけしきや―の池/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【蒲】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ホ(漢) ブ(呉) フ(唐) [訓]がま
〈ホ〉
草の名。ガマ。「蒲葦(ほい)/香蒲
木の名。カワヤナギ。「蒲柳
ばくちを打つ。「樗蒲(ちょぼ)
〈ブ〉草の名。「菖蒲(しょうぶ)
〈フ〉敷物。「蒲団(ふとん)
[難読]菖蒲(あやめ)蒲焼(かばや)き蒲鉾(かまぼこ)蒲公英(たんぽぽ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かば【×蒲】
植物ガマ別名
蒲色(かばいろ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蒲 (ガマ・カバ)
学名:Typha latifolia
植物。ガマ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かば【蒲】
〘名〙
① 植物「がま(蒲)」の古名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 「かばいろ(蒲色)」の略。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「菊花には、〈略〉白黄かば紅桃等の色ありて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation