@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蒸気・蒸汽【じょうき】

大辞林 第三版

じょうき【蒸気・蒸汽】
液体が蒸発したり、固体が昇華したりして気体となったもの。
水蒸気。ゆげ。
「蒸気船」「蒸気機関」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐き【蒸気・蒸汽】
〘名〙
① 物質の気体の状態。液体または固体から蒸発または昇華によって発生した気体。蒸発気。
※形影夜話(1810)上「常に腠理汗孔より発泄する蒸気〈略〉皮裏に留滞して外洩すること能わず」 〔越王貞‐奉和聖制過温湯詩〕
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「蒸気とは湯気なり」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「蒸気(ジャウキ)の舩(ふね)や車のしかけなんざアおそれいったもんだネ」
※文明田舎問答(1878)〈松田敏足〉鉄道「直に汽船(ジャウキ)で下の関へ廻る」
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)三幕「トよき程に蒸汽の出る笛になり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒸気・蒸汽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒸気・蒸汽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation