@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蒸気圧降下【じょうきあつこうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蒸気圧降下
じょうきあつこうか
vapour pressure depression
液体に不揮発性溶質を溶解すると,その溶液溶媒飽和蒸気圧 P は純粋の溶媒のときの飽和蒸気圧 P0 よりも減少する。この減少を溶液の蒸気圧降下という。蒸気圧降下の大きさ P0P は溶質のモル分率 x に比例し,P0PP0x で与えられる。この関係式は本来,溶媒分子と溶質分子の大きな相互作用のない溶液 (理想溶液) にのみ成立するものであり,ラウールの法則と呼ばれているが,希薄溶液では近似的に成立する。したがって蒸気圧降下の量を測定すれば溶質のモル分率が求められ,これから溶質の分子量が得られる。溶液の凝固点降下沸点上昇は蒸気圧降下に比例する。したがって,凝固点降下や沸点上昇の測定によっても間接的に溶質の分子量を求めることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうきあつ‐こうか〔‐カウカ〕【蒸気圧降下】
溶媒に不揮発性の溶質を溶解することにより、蒸気圧が降下する現象。十分希薄な溶液(理想溶液)の場合、ラウールの法則が成り立つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

蒸気圧降下
ジョウキアツコウカ
depression of vapor pressure

純溶媒に溶質を溶かすとき,溶媒の蒸気圧が低下する現象.溶液の一般的性質である.蒸気圧低下の割合は溶質の濃度が大きいほど大きい.この関係は希薄溶液についてはラウールの法則で与えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒸気圧降下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒸気圧降下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation