@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蒸発皿【ジョウハツザラ】

デジタル大辞泉

じょうはつ‐ざら【蒸発皿】
化学実験で、溶液を加熱濃縮または蒸発乾固させるのに用いる浅い。磁製のほか金属製・ガラス製・石英製などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうはつざら【蒸発皿 evaporating dish】
溶液から溶媒を蒸発させて,濃縮あるいは乾固するための容器。普通は丸底,口付きであるが,平底のものもある。磁製で直径5cm(内容積約18cm3)から30cm(同約3.4l)程度のものが普通である。ほかにガラス製,石英製,白金,ニッケル,鉛,鉄などの金属製のものもある。一般に空気と液との接触面積を大きくするため浅く広くしてあるので,加熱には直火をさけて水溶,油溶などで使用するほうがよい。【中原 勝儼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうはつざら【蒸発皿】
化学実験の際、溶液を加熱濃縮、または蒸発乾固して溶質を析出させる操作に用いる深皿。磁製のものが多いが、ガラス製・白金製もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蒸発皿
じょうはつざら
evaporating dish
化学実験器具の一つ。溶媒を加熱蒸発させて溶液を濃縮し、あるいは蒸発乾固させるのに使われる丸底で注ぎ口のある深皿状容器。ガラス製、石英製、磁製、金属製のものがある。微量試料用の小形から、数リットル容量の大形のものまであり、沸騰を避けながらゆっくり加熱し、かつ液の蒸発面積が広くなるように使われる。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうはつ‐ざら【蒸発皿】
〘名〙 溶液を濃縮させたり、蒸発乾固させたりするときに用いる丸い皿。ステンレス鋼製、白金製、ガラス製、磁製があり、試料によって使いわける。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒸発皿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒸発皿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation