@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蒼天【ソウテン】

デジタル大辞泉

そう‐てん〔サウ‐〕【×蒼天】
青空。大空。蒼空。
春の空。
造物主天帝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

そうてん【蒼天】
岩手の日本酒。原料米を40%まで磨き上げて南部杜氏が醸造する辛口の大吟醸酒。原料米は山田錦。仕込み水は胆沢川伏流水蔵元の「天瓢」は明治期に創業し、昭和47年(1972)株式会社設立。平成20年(2008)「岩手銘醸」に商標権・営業権を譲渡は奥州市水沢区立町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうてん【蒼天】
東京の日本酒。酒名は、のように高く雄大で果てのない酒造り、天に届くようなより旨い酒を目指す思いを込めて命名純米吟醸酒と純米吟醸生酒がある。精米歩合は55%。原料米は五百万石、美山錦。仕込み水は秩父古生層岩盤を掘り抜いた横井戸の湧水。蔵元の「小澤酒造」は元禄15年(1702)創業。所在地は青梅市沢井。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうてん【蒼天】
佐賀の麦焼酎。酒名は、佐賀平野麦畑に豊かな恵みを与えてくれる造物主である「蒼い大空」にちなみ命名。県産の二条大白麹で仕込んだ(もろみ)を減圧蒸留する。原料は麦、麦麹。アルコール度数25%。蔵元の「窓乃梅酒造」は元禄元年(1688)創業。清酒「窓乃梅」の醸造元。所在地は佐賀市久保田町大字新田。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

蒼天(そうてん)
佐賀県、窓乃梅酒造株式会社が製造・販売する麦焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐てん サウ‥【蒼天】
〘名〙 (「そうでん」とも)
① 青々とした空。あおぞら。大空。
※懐風藻(751)春日侍宴〈采女比良夫〉「淑景蒼天麗、嘉気碧空陳」
※葉子十行本平家(13C前)一〇「光明蒼天を照らして日輪の光をうばひ」 〔詩経‐王風〕
② 特に、春の空をいう。《季・春》 〔易林本節用集(1597)〕 〔爾雅‐釈天〕
③ 天にいる神。上帝。天帝。造物主。
※将門記(940頃か)「業を纂ぎ基を承くるの王は、此れ尤も蒼天の与ふる所なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒼天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒼天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation